白石あさえの目指せコースデビュー! 連載●第44回 
〜カリスマコーチ内藤雄士がビギナーのために特別レッスン〜


  PWはコンパクトなスイングを心がけて

内藤雄士コーチ:以下内藤 ここ何回かのレッスンではショットの復習をやってもらいましたが、最後はPWで締めくくりましょう。

白石あさえ:以下白石 よろしくお願いします。

内藤 PWの練習ではどのような悩みがありますか?

白石 うまく当たるときもあれば、ミスになることも多いので、自分がうまく振れているのかがわからないです。クラブの長さに対する違和感は随分なくなったと思います。

内藤 では、何球か打ってみてください。

(数球打ったあと)
白石 どうでしょう?

内藤 なるほど。スイング的にはそれほど悪くないんですが、スイングがドライバーと同じような感じになっています。

白石 ドライバーと同じとは、どういうことですか?

内藤 PWは飛ばす必要のないクラブということは前のレッスンでも説明しました。もちろん、白石さんも飛ばそうとしているわけではないかもしれませんが、ドライバーと同じスイングの大きさで振ろうとしているんです。PWで気をつけたいのは、長さは短いですが、ドライバーよりも重いということ。そんなクラブをドライバーのスイングと同じ感覚で振ろうとすると、トップでオーバースイングになったり、ダウンスイングで振り遅れたりしやすくなります。

白石 そうなんですね。まったく気にしていませんでした。どこを修正すればいいですか?

内藤 トップを小さくしましょう。手首をあまり使わないように意識して、手元が肩の高さくらいまできたら、そこで切り返すイメージです。先ほども話したように、PWは重さがあるので、肩の高さで切り返すイメージでも、実際は惰性でもっと高い位置まで上がっています。

白石 なるほど。私の場合、ドライバーと同じように振ろうとしていたから、もっと大振りになっていたんですね。それじゃ、安定して当たらなくて当然ですね。

内藤 PWはコンパクトにスイングして、狙ったところにボールを運ぶイメージで打ってください。

白石 わかりました。トップの大きさに注意ですね。頑張って練習します!

●オーバースイングにならないよう、トップは肩の高さでOK

PWはヘッドを含めて重さがあるので、トップでドライバーと同じ位置まで上げようとすると、この写真のようにおのずとオーバースイングになりやすい。

  

トップは手元が肩の高さくらいで止めるつもりでいい。飛距離の必要ないPWでのショットはコンパクトなスイングを身につけて。

  トップ位置でクラブがしっかりコントロールできるようになり、インパクト音に変化。しっかり芯でとらえられるようになった白石さんのPWショット


  (つづく)

(内藤雄士プロフィール)
ないとう・ゆうじ●1969年生まれ。東京都出身。日本大学ゴルフ部出身。ゴルフ部在籍中に渡米し、アメリカの最新理論を習得。1998年にプロゴルファーを教えるツアープロコーチとして活動を開始。日本にツアープロコーチという概念を持ち込んだパイオニア的存在で、丸山茂樹の米ツアーでの活躍の立役者となった。その後も多くのプロのサポートを行なう傍ら、ジュニアゴルファーの育成にも積極的に取り組み、日本ゴルフ界の根本的レベルの底上げに尽力している。ゴルフを中心としたメディアでのレッスンのほか、ゴルフネットワークでのトーナメント解説など、活躍の場は多岐にわたっている。

(白石あさえプロフィール)
しらいし・あさえ●1991年生まれ。千葉県出身。一昨年、念願だったグラビアデビューを果たす。この冬も『週刊プレイボーイ』6号をはじめ、各週刊誌の表紙、グラピアページを飾っている。最近は地方競馬、「南関ガールズ」として、各種イベントにも多数参加。近況は公式ブログとインスタグラムに随時アップされるのでチェックを。ゴルフのほうは年末年始も練習を欠かさず、内藤コーチが目を細めるほどの上達ぶり。今春にはコースデビューできるはず!? 身長:164cm B:94 W:60 H:88 血液型:A型。

■【内藤雄士ゴルフレッスン】記事一覧>>