10日放送の「爆報!THEフライデー」(TBS系)で、元関取・琴別府の現在が明らかとなった。

番組では「“若貴キラー”元関取・琴別府は今…病から一発逆転!」と題し、琴別府の現在を追跡した。

琴別府は、1990年代の若貴ブームで沸いた28歳当時、「若貴キラー」と呼ばれて人気を集めた。だが病やケガに悩まされ1997年に引退。51歳となった現在は、現役当時の過酷な稽古で体がボロボロになってしまい、今も後遺症に苦しんでいるという。

そんな中、琴別府は、故郷の別府に「ラーメンいっちゃん 琴別府店」をオープンしていた。店のNo1メニューは濃厚な豚骨スープ味の「いっちゃんラーメン」で、1杯650円だとか。

実は引退後に熊本の有名ラーメン店で修行をしており、1998年には千葉県で自身の店をオープン。そして4年前には別府に戻り、現在の店を開業したという。月商は約200万円で、1日に作るラーメンは100杯以上になるとのことだった。

さらに、店の奥には居酒屋を併設しているのだとか。ここで出される人気料理が佐渡ケ嶽部屋直伝のちゃんこ鍋。高級店でも使われている鰹節でとった上品な出汁と、地元でとれた新鮮野菜、こだわりの手作り鶏つくねを使っている。この居酒屋は1日1組限定で、この本格ちゃんこを求め、連日予約が殺到していることも紹介されていた。

【関連記事】
貴花田キラーと呼ばれた元力士・三杉里が引退後の借金生活を明かす
元大関・雅山の現在が明らかに…部屋を持つためTwitterで弟子を募集
元大関・把瑠都凱斗が破った相撲界の掟…玉袋筋太郎が暴露