終末を感じさせる、美しい「汚染された地球」の写真

写真拡大

資源採掘をはじめ、世界各地ではさまざまな産業活動が進み、地球は着々と汚染されていく。写真家J・ヘンリー・フェアが上空からとらえた風景はおぞましいが、どの風景も色鮮やかかつ抽象的で、驚くほど「美しい」。

SLIDE SHOW 「終末を感じさせる、美しい「汚染された地球」の写真」の写真・リンク付きの記事はこちら
fair_007

2/10メキシコ湾でBP(英国ロンドンに本拠をおくエネルギー関連企業)から漏れた石油が炎上している。PHOTOGRAPH BY J. HENRY FAIR

fair_003

3/10スウェーデンのキルナにあるキルナ鉱山の廃棄岩と選鉱くず。PHOTOGRAPH BY J. HENRY FAIR

fair_005

4/10ルイジアナのダローにおける、ボーキサイト鉱石の処理から生まれた廃棄物。PHOTOGRAPH BY J. HENRY FAIR

fair_002

5/10インディアナ州バーンズハーバーにあるこれらの施設は鉄鉱石とコークス燃料を右側の高炉に送る前に処理している。PHOTOGRAPH BY J. HENRY FAIR

fair_006

6/10ルイジアナ州ルーリングでは除草剤の一種であるグリホサートが製造されている。PHOTOGRAPH BY J. HENRY FAIR

fair_010

7/10ポーランドのノヴェ・ツァルノヴォでは石炭燃焼による沈殿物を集めている。PHOTOGRAPH BY J. HENRY FAIR

fair_004

8/10ニューメキシコ州ハーレーにある露天掘りの銅採掘場。PHOTOGRAPH BY J. HENRY FAIR

fair_001

9/10ルイジアナ州グラマシーにある懸濁液に混じった赤い泥の廃棄物。PHOTOGRAPH BY J. HENRY FAIR

fair_009

10/10ペンルシヴァニア州スプリングヴィルの鉱山ではドリルで穴を掘り岩を砕く際に化学物質が使われている。PHOTOGRAPH BY J. HENRY FAIR

Prev Next

カナダのアルバータ州にある油田では、毎日230万バレルの石油が産出される。スウェーデンのキルナでは、巨大な機械を使って鉱山から年間2,600万トンの鉄鉱石が採掘され、ニューメキシコ州ハーリー付近ではより巨大な機械によって地中から3億1,400万ポンド(約15万トン)の銅が掘り起こされる。

こうした統計データは驚異的な規模に感じられるが、大規模な作業が景観に与える影響に比べれば、大したことはない。

ニューヨークの写真家、J・ヘンリー・フェアは作品『Industrial Scars: The Hidden Costs of Consumption』において、各地を上空から眺めることでフラッキングや採鉱、肥料生産のような産業が人類に与える影響を明らかにする。「機能不全に陥った経済システムを語りうる写真を撮りたかったのです」とフェアは語る。

Fair_cover

『Industrial Scars』、パパダキス、2016年

このプロジェクトは16年前、フェアがニューオーリンズのミシシッピ川に並ぶ工場の上空を飛ぶために飛行機を借りたときに始まった。フェアはその視点をとても面白いと感じていた。

「どういうわけかはわかりませんが、抽象化することで、写真に説得力をもたせることができます。空中写真は見慣れないものだし、神秘的にみえるんです」とフェアは語る。

彼はインディアナ州の鉄鉱石加工場からポーランドの石炭燃焼によるスラッジに至るまで、グーグルマップを利用して撮影場所を探し始めた。フェアは環境規制に直面している場所に焦点を当てる。たとえば、2010年に環境保護庁(EPA)の公聴会でも取り上げられた石炭灰処理や、4年前にニューヨークでこの問題に関する議論の議題となったフラッキングなどがそうだ。

景観のディテールや色彩は、魅惑的であると同時に見る者を不安な気持ちにさせられる。ルイジアナでは除草剤の渦で海がエメラルド色に変わっている。BPが2億ガロンの石油を垂れ流したメキシコ湾の深い青い海からは煙が立ち上がる。上空から見下ろしたその眺めによって、規模と範囲が現実味を帯びてくる。

「物事に影響を与えようとするときに最も大切なのは、市民としての責任を自覚した消費者たらんとすることです」と、フェアは言う。「そして写真は、美しいからこそ効果が最大化されるのです」

RELATED