マツダの子会社であり、マツダ車の福祉車両や特装車などを手がけるマツダE&T社がジャパンキャンピングカーショー2017に出展していたのはCX-5のポップアップルーフ車。

ただし、市販化に向けて市場のニーズを調査するのが出展した目的だそうで、私も「いくらくらいなら欲しいですか」など逆取材? を受けました。

1

マツダ車のキャンピングカーといえば、ボンゴベースのキャブコンやバンコンが健在。また、ポップアップルーフといえばボンゴ・フレンディのオートフリートップもありました。

マツダはミニバンから撤退すると一部で報道されていますが、本当だとするとこうしたポップアップルーフ車を出すならSUVしかないでしょう。

市場検討中の「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」は、「走って、曲がって、泊まれるSUV」というコンセプトを掲げています。その狙いは、マツダが誇るCX-5の高い機動力と普段使いのしやすさに「車中泊」という価値をプラスするもの。

市販は初代CX-5の中古車ベースを想定しているそうで、「中古車ベースでも大丈夫?(抵抗はないかという意味)」という質問も受けました。この点は中古の物件状況(個体差)によると思いますし、どういったアフターサービス体制になるかにもよりそうです。

一般論としてですが、まだCX-5であればデビュー年月から考えても問題なさそう。

 

コンセプトモデルの全高は、ポップアップルーフの格納時で1790mmとして1800mm以下に抑制。なお、ポップアップルーフ部の全長は1800mmとなっています。就寝はポップアップルーフ内に大人1人、子ども1人程度まで、室内のベッド展開時に大人1人、子ども1人くらいまでを想定。小さな子どもが2人いるファミリーでも対応できるということでしょう。

いまや乗用車派生型で車中泊に特化したポップアップルーフ車が数多く登場し、「キャンピングカー」(※8ナンバーの構造要件を満たさない種類)の1ジャンルとして定着していますから、あとは価格次第で一定のニーズがありそうです。

(文/塚田勝弘)

マツダE&TがCX-5のポップアップルーフ車を市場導入検討中【ジャパンキャンピングカーショー2017】(http://clicccar.com/2017/02/11/443928/)