【元レースクイーンが伝授】キャンギャルが邪魔! 正解の伝え方とは

写真拡大 (全4枚)

たったひと言で女性狙いのカメラマンも引き連れて移動します

モーターショーなどのクルマの展示会場で「あぁ……。あのクルマ撮りたいんだけど、キャンギャル邪魔だな」って思った事がある方! きっとたくさんいるのではないでしょうか? そんなときこう伝えてもらえると嬉しいなと思う言い方をお教え致します。

その前にまずモーターショーなどでクルマの前に立つ多くの女性の視線はカメラにあります。

キャンギャルの立ち位置としては商品のPR、企業イメージの向上! という考えで、基本的にはクルマのおまけと思っているものの、たくさんのお客様にカメラを向けられ、眩いほどのシャッターを浴びていると、時として勘違いをすることもしばしば。

そんなとき「邪魔邪魔。どいてお姉さん」、「お姉さん邪魔。シッシッ」「どけよ!」など強い言葉で言われると正直ヘコむことも……。

勘違いから一気に現実の世界へと引き戻され「ドヤ顔でポージングなしてすみません」と自己嫌悪に陥ることもあります。私自身何度も落ち込んだことがあるのですが、そんななかでも、今まで言われたスムースにキャンギャルをどかす魔法の言葉を紹介します。

それは簡単!

「すみませーん。クルマ撮りたいのでちょっとだけズレてもらえませんか?」コレです! たったコレだけなんです。そんな簡単な言葉でいいのと思いました? そうなんです。ストレートに「クルマ撮りたいのでちょっといいですか?」ってふわっと言ってもらえるだけでいいんです。

要は言い方がキツイと傷つくので、優しく伝えてもらえれば、女性の撮影をしてくださる方々を引き連れて違う位置まで移動するので、クルマだけ撮りたいあなたもより撮りやすく撮影することができるのです!

もし今までにクルマだけが撮りたくて、悪気無く言った言葉でキャンギャルを傷つけたことあるかも? という心当たりのある方は是非試してみてくださいね。