『帰ってきた!マット・ルブランの元気か〜い?ハリウッド!』

写真拡大

大人気コメディ『フレンズ』のジョーイ・トリビアーニ役で知られるマット・ルブランが本人役で登場するコメディ番組『マット・ルブランの元気か〜い?ハリウッド!』でキャロル・ランスを演じていたキャスリーン・ローズ・パーキンスが、米NBCの新ドラマ『Good Girls(原題)』に出演することが分かった。米TV Lineが報じている。

本作は、郊外で暮らす主婦3人の"good girl"たちがある日突然絶望的な状況に置かれていることに気付き、自分たちの力を取り戻すべく危険に挑むというストーリー。キャスリーンは主人公の一人となる主婦役で出演するという。レノ・ウィルソン(『マイク&モリー マシュマロ系しあわせ日記』)とマニー・モンタナ(『グレイスランド 西海岸潜入捜査ファイル』)の出演も決定しており、残りの二人については現在キャスティングが行われているとのこと。脚本は『スキャンダル 託された秘密』のジェナ・バンズ、製作総指揮は『HOMELAND』のアヴィ・ニールが務める。

キャスリーンはこれまでも多くの人気TVシリーズに出演しており、『NCIS:LA 〜極秘潜入捜査班』(ローズ役)や『パーソン・オブ・インタレスト』、『救命医ハンク セレブ診療ファイル』などに登場。最近では米CBSの医療ドラマ『Code Black(原題)』や米USAネットワークの近未来スリラードラマ『Colony(原題)』、米ABCの人気ファミリーコメディ『フアン家のアメリカ開拓記』に出演している。(海外ドラマNAVI)