ソニービル銀座。ビルの側面にはソニーパークの告知。(2016年7月1日撮影)

写真拡大

■銀座ソニーパークプロジェクトが始動

ソニーは東京・数寄屋橋交差点角にあるソニービル(中央区銀座5-3-1)を50年ぶりに全面的に建て替える。現在のビルが存在するのは今年の3月末まで。それ以降、立て替えのための取り組み、銀座ソニーパークプロジェクトが本格的に始動するという。現ソニービル解体前のカウントダウンイベントとして昨年11月12日から2月12日までの3ヵ月間にわたりIt's a Sony展 Part-1を開催。同展終了後22日から3月末まではPart-2が企画されている。

このプロジェクトの第1期は2018年から2020年、東京オリンピックまでの約3年間。この間、現在のビルを解体したあとの700平方メートル(約210坪)あまりの土地を、公園にして、誰もが過ごせる空間として運営する。その公園の名称は「銀座ソニーパーク」になるという。

第2期は2022年以降。ソニーパークを運営しながら新ソニービルの構想を練り固めたのち2020年秋に着工、同22年秋に営業開始の予定。

なぜ建て替えるのか? その背景を探るには、現ソニービル誕生の経緯にまでさかのぼるのが早道だろう。

今のソニービルが開業したのは東京オリンピックが開催された2年後の1966年4月29日。その建設費は32億円。当時のソニーの資本金に匹敵する金額であり、それだけに同社にとっては失敗の許されない一大プロジェクトだった。地上8階、延べ床面積8811平方メートル(約2600坪)のビルの大半にショールームの機能を持たせた、当時の日本としてはまさに前例のない試みだった。土一升金一升とまで言われる高価な土地に、なんと企業一社で、売り上げを見込めない、つまり利益とは無縁の単なるショールームをつくった、ということで大いに世間の注目を集めたものだった。

開業から2日後の5月1日付け日本経済新聞朝刊に、盛田昭夫がこのことに触れた文を寄稿している。

「……このビルの建設について、手放しで喜んでいいのかどうか、いまだに悩む点が無きにしもあらず、である。そのひとつは、電気の専業メーカーであることをモットーとしてきたわれわれが、日本で一番値の高い土地(中略)、そんなぜいたくな所にビルなどを建てること自体正しいのかどうか……」

さすがの盛田にも一抹の不安があったようだ。しかし、その半面で盛田にはそれなりの自信もあったと思われる。なぜなら、ソニーはその4年前の1962年9月に、ニューヨークの一等地五番街の一角に、170平方メートル(50坪)ほどのショールームを開設し、大成功をおさめていたからだ。開業に合わせるように売り出した、当時世界初の5型という小さなトランジスタテレビ(TV5-303・日本国内価格6万5000円。ちなみに当時の国家公務員初任給1万5700円)がいわば“目玉”となり、連日多くの人が押し寄せた。その盛況ぶりから日本では『五番街の日章旗』(講談社)というノンフィクションまで出版されている。まだまだ戦後からの復興途上にあった極東の国の、それも小さなエレクトロニクス企業のニューヨーク“進出”は、ソニーのブランド戦略上何ものにも代え難い強力な武器になった。

■ソニービル、開業50周年の決断

五番街のショールームに勢いを得ていたとはいえ、ソニービルの建設にあたって盛田をはじめ関係者を悩ませたのは、ビル全体のショールームというものをどのように仕上げるのか、その基本的な構想だった。盛田はニューヨークにあるグッゲンハイム美術館にそのヒントを求める。同美術館のフロアがらせん状になっているため、来訪者は最上階から鑑賞を始めるとそのまま1階にまで行き着く。そこで盛田が思いついた構想が「タテのプロムナード」だった、と前述の寄稿文で明かしている。人が歩き回る歩道を水平ではなく、垂直に展開することで、狭小な土地を最大限に活用する、という斬新なアイデアだった。当時設計を依頼されていた芦原義信氏は、この構想を受けて花びら構造のフロアを考案する。

こうして当時としては構想、構造ともに画期的なショールームビルが完成したのだった。

昨年、このソニービルは開業50周年を迎えた。その半世紀の間にこのソニービルを取り巻く環境が大きく変化。第一にソニー自体がかつてのような“電気の専業メーカー”から大きく脱皮して、金融、娯楽のビジネスも手がける世界的な企業に成長した。ソニービルそのものについても、独創的だった花びら構造のフロアが法律に適合しなくなると同時に、バリアフリーという社会の要請にも、物理的に応えられなくなってきた。

こうした状況のもと、ソニーのCEO兼社長・平井一夫はソニービルに思い切った変化を与えることにしたという。ソニー自体も創業70年という節目であったことも平井の背中を押した。

その変化とは何か? 何であるべきか?

そこで、今から4年前2013年の春、平井は号令をかける。これが銀座ソニーパークプロジェクト発足のきっかけになった。このプロジェクトのリーダーには永野大輔が指名される。2012年、平井が副社長になったときからの直属のスタッフで、肩書はCEO室シニアマネジャー、コミュニケーション・クリエイティブ担当。永野は言う。

「ソニービルに変化を、という場合、考えられる選択肢はふたつ、改装かそれとも建て替えか、です。今のソニーは単なるエレクトロニクスの企業ではなくなっており、このエレクトロニクスとともに、娯楽、金融も含めた三本柱を持つ経営体になっています。これらを統合した発信基地の機能をこれからのソニービルは持つ必要があるのではないか。そうだとすれば、今のソニービルでこの要求を満たすのは困難、言い換えれば、器ではなくなっている、と判断しました」

したがって、彼らの結論は改装ではなく建て替えとなった。それでは、どのようにソニービルを生まれ変わらせるのか?

その答えを求めてプロジェクトのスタッフは、原点回帰をする。その試みの過程で、プロジェクトチームはソニービルを企画した当時の盛田の構想にあたったという。そこで彼らが出会ったのは、「盛田の“銀座に恩返しし、銀座の街に開かれた空間にする”という思い」だったと永野は明かしている。

■“新しい公園をつくる”という思想

当時、盛田はそうした“開かれた空間”として敷地の一角にソニースクウェアという名称の“銀座の庭”をつくったのだ。わずか10坪ほどの小さなスペースだったにもかかわらず、銀座ならではのイベントを次々に生み出して話題をつくりだし、ことあるごとに新聞の社会面を飾ってもいた。この“銀座の庭”の発想を公園にまで発展させる。これこそがソニーパークのアイデアを生み出すヒントになったという。2014年秋のことだ。

ソニービルの立地は、東京という都市空間の中でもとりわけ、人の移動に関して恵まれている、というのが永野の見方だ。具体的には、東西に走る晴海通りと南北の外堀通りという2本の幹線道路の交差点にあり、しかも地下には地下鉄が絡んでいる。同ビルの地下2階の入り口から地下鉄・銀座駅の改札口まで歩いて100歩以下という至近距離。実はこの恵まれた立地を公共的な観点から活かすことを、50年前の設計でチャレンジしていることに永野は気づいたのだという。

「当時のビル構想・設計のこうした柔軟さを発展させる、そのためにはよりオープンな議論や作業を経て銀座でしか実現できないことをしようということです。その手始めが公園で、この発想は新しいビル建設でも継続することによって、ビルの中にも反映させます」

つまり、“新しい公園をつくる”という思想を新しいビルの構想を練り上げるときの礎にする、というのが銀座ソニーパークプロジェクトの姿勢になっていると言える。つまり、新しいビルの中も外も、その空間を人の流れという観点からは連続したものとして立体的総合的にとらえる、ということだろう。これはまさに、盛田の打ち出した「タテのプロムナード」を発展させた概念となる。こうすることによって、新しいビルは銀座という空間の中で立体的有機的にその一部となり、人々を魅了するものに進化発展し、しかも盛田の思想を発展継承することにつながると思われる。

だからこそ、プロジェクトチームは新しい公園を構想する過程そのものを広く世の中にオープンにするべきであり、そうすることで、新しいビルが人々にとってより魅力のあるものになると考えているようだ。

この観点からすれば、新しいソニービルの建設はすでに始まっている。ビル建築が単に建築する主体・企業とその周辺だけの発想によって行われるのではなく、広く世の中にそのための智恵や知見などを求める、そしてそれらを集積させる過程をオープンに共有することもビル建築の重要な要素であることを、彼らは示そうとしている。

つまりそれは、ビルを建築する主体と基本的アイデアの主はソニーであっても、その創作プロセスそのものを他の人や組織もかかわれるオープンな環境にすることによって、従来にはない“都市の公共的建築物創造の革新”が生まれる可能性だ。単なる“箱もの”的な建築物ではなく、銀座という地域にふさわしい公共的空間とは何か? の答えのひとつがそこからは生まれてくるはずだ。

永野はこんなことも言っている。

「50年前の現在のソニービルは、ソニーの現状の姿からは大きく乖離してしまっています。50年先にソニーがどんな姿になっているかわかりませんが、新しいビルには、その乖離ができるだけ少なくなるようにしたいと思っています」

■ビルが示したソニーの過去・現在と未来

今、ソニービルでは、これまでのソニー製品70年、ソニービル50年の歴史を振り返るIt's a Sony展が開催されている。昨年11月12日から開催されたPart-1は製品の歩みがテーマだ。1階から階上に向かって年代別に製品が展示されている。そしてその最後にはソニーパーク構想が示され、来場者に今後のソニーに対する理解を求める展示構成になっている。そこには言うまでもなく、ソニーの過去・現在と未来との継続性を訴える意図がある。

このPart-1は1月24日までの73日間で、75万人の来場者を記録したという。ただ、この展示をながめながら改めてひとつ気がついたことがある。

展示された製品のひとつひとつを食い入るようにながめている多くの来場者の姿を見るにつけ、今さらながらに、独創的な製品の持っている人を惹きつける“力”の効果を思い知らされる、ということだ。そうした独創的な力を持った製品を継続的に生み出すことが、そのメーカーの力として蓄積される。ソニーはそうした企業の一社だろう。逆説的に表現すれば、ショールームという物理的な空間があるという単純な理由でここに人が訪れるのではない。自分たちを魅了してくれる製品を目当てに集まるのだ。

その典型的な例が、1962年のニューヨーク五番街のショールームだ。彼らのお目当ては5インチという小型のポータブルテレビという世界初の製品だった。ソニービルの場合で言えば、開業2年後に発売されたトリニトロンカラーテレビであり、あるいは初の家庭用VTRベータマックス(1975年)であり、ウォークマン(1979年)などソニーから次々に繰り出される独創的な製品の数々だった。Part-1の来場者75万人もこうした過去と無縁ではないだろう。

確かに、ソニーは娯楽と金融の分野を加え経営的に三本の柱を持ってはいる。とはいえ、あえて偏見を交えて言えば、もし、“ソニーらしい”独創的な製品に数寄屋橋交差点の角でお目にかかれないと思われてしまえば、ソニーがつくりだそうと計画している独創的な空間が持つ魅力は大幅に衰えてしまうことだけは間違いないだろう。永野は言う。

「ソニービルが最終目的地である必要はないんです。通り道でも構いません。しかし人々に“行ってみたい”と思わせるところであり続けたいのです」

そのためには、銀座という公共の空間と渾然一体となり、新しいソニービルと銀座の双方が相乗効果を発揮してその魅力で人々を惹きつけなければならない。したがって、ソニービルとして忘れてはならないのは、ソニーの出自はあくまで独創的製品を生み出すメーカーであり、この軸をはずして新しいソニービルの魅力は生まれない、ということではないか。逆にそれが現実に貫かれれば、まさにソニーらしい空間が2022年に数寄屋橋交差点の角に生まれることになるのではないか。

その意味で、新しいソニービルの構想が具体化していくそのオープンなプロセスが“都市の公共的建築物創造の革新”になれば、それこそがこれから先50年間にわたるソニーの生きざまの原点となるだろう。その意味で、このソニービルプロジェクトの成否は、今後のソニーの経営や製品開発に大きくかかわっている。

(文中敬称略)

(ジャーナリスト 宮本喜一=文・写真)