医師であり作家の鎌田實氏

写真拡大

『がんばらない』(集英社)から17年。これまで医療のあり方、生き方について数々の書著を書いてきた諏訪中央病院院長の鎌田實さんが、初めて自分の人生にフォーカスをした本、『遊行を生きる 〜悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉』(清流出版)を書きました。自分の生い立ちや、人知れず持っていた孤独な思いなどを突き破り、新しいステージ入った鎌田さんですが、その進化の根底には、あるひとつの言葉があったのです。

■「動」のエネルギーを感じる遊行期

これまで、私は人間の心にスポットをあてた本を数多く書いていましたが、5年ほど前から、初めて自分自身の心にスポットをあてたエッセイの連載を『月刊清流』に書き始めました。

私は幼い頃に親に捨てられました。おかげさまで多くの人の助けがあって今、こうしていられるわけですが、捨てられたという思いがずっと心の奥底にあり、どこかで「自分の人生はこれでよいのだろうか」と悩んでいました。

連載を始めた頃は、まさに自分の中で壁にぶつかっていました。“遊行”という言葉に出会ったのもこの頃です。インドで人生を4つの時期に区切り、そのうちのひとつが遊行期なのです。ちなみにその4つとは、「学生期」「家住期」「林住期」「遊行期」です。

「学生期」はオギャアと生まれてから人が学び成長する時期です。「家住期」は家を作る時期。家族を作ったり、実際に家を建てたりします。会社、組織を作る人もいるでしょう。「林住期」は、老年を迎える時期で、森や林に隠棲しながら人生について考えます。内向きで「静」を感じます。そして最後に「遊行期」。これは死の準備期間。人生の締めくくりの時期です。

ところが、この「遊行期」は、「林住期」が“静”なのに対し、「動」のエネルギーを感じます。「もう死も間近だし、明るく生きようではないか」といったような、どこか達観したような、外にはじけるパワーを感じます。遊行(=遊びにいく)という音も、自由で開放的な気持ちにさせてくれます。

私はこの遊行という言葉がすっかり気に入ってしまい、自分の人生を振り返りながら、「これからは遊行でいく!」と心に決めました。遊行をスローガンにし、ことあるごとに遊行について考えるようになりました。「尾崎豊は遊行人だな」「ビートルズの中でも、ジョン・レノンは飛びぬけた遊行人なんじゃないか、だから、あんなに人気があったんだな」とか……。

そんなことを言っているうちに、いつのまにか遊行的な生き方をしている自分に気づくようになりました。それまでの自分の人生では会うことのなかったような若い人たちやタイプの違う人たちと親しくなり、一緒に事業や福祉活動を行うようになったのです。2025年の医療問題を見据えて、若い人たちと起こした地域包括ケア研究所もそのひとつ。

■遊行を実践すると、人生が大きく変わる

いったん遊行の精神を得たら、その流れは止まるところを知りません。もっとこんなことができるのではないか、あんなことができるのではないかと、夢がどんどん広がるようになりました。

今、考えている計画は、新しい白血病の治療法を、私が医療活動をしているイラクでも採用できないかということ。信州大学の医師が白血病の画期的な治療法を開発し、日本でも臨床に採用される予定です。この新治療は回復率が80〜90%と高いこともさながら、高額な治療費を抑えることも可能となります。今、外務省に打診をしているところですが、こうした考えも、以前の私だと思いつかなかったでしょう。

実際に遊行を実践してみると、人生が大きく変わってきます。殻を破るとでもいうのでしょうか。言葉の力というのは本当にすごいですね。まさに、良い言葉は良い人生を作るのだと思います。

皆さんにも是非「自分の言葉」というものを持ってほしい。最初はその言葉がしっくりこなかったり、真の意味を理解していないかもしれません。でも、その言葉を繰り返しているうちに、だんだんと自分の中で発酵し、発熱し、やがて、自分の人生が言葉に沿っていくようになります。

私は、遊行の精神は、人生のすべての時期、世代で意識すべきことだと思います。遊行とはすなわち、どんな自分でも受け入れて認めてあげて、その先に広がる世界です。だから、どの世代でも遊行の精神を持っていればいいし、それによって、日本も今の閉塞感のある社会から、もっと明るい社会に変われるのではないかと思うのです。

----------

鎌田實(かまた・みのる)医師、作家
諏訪中央病院名誉院長、日本チェルノブイリ連帯基金(JCF)理事長、日本・イラク・メディカル ネット(JIM-NET )代表、東京医科歯科大学臨床教授、東海大学医学部客員教授。
1948年東京生まれ。74年、東京医科歯科大学医学部卒業後、長野県の諏訪中央病院に赴任。地域医療に携わる。88年同院院長に就任。2001年同院現職に。1991年以来ベラルーシ共和国の放射能汚染地帯へ100回を超 える医師団を派遣し、約14億円の医薬品を支援してきた(JCF)。2004年イラク支援を開始。イラクの4つの小児病院へ10年間で4億円の薬 を送り、「イスラム国」攻撃しているイラク北部の都市アルビルを拠点に、難民キャンプで の診察を続けている(JIM-NET)。近著に『遊行を生きる 〜悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉』(清流出版)がある。

----------

(医師、作家 鎌田實=文 田中響子=取材・構成)