20〜30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいる。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、北海道でパート事務をしている河野恵子さん(仮名・36歳)。茶色の長い髪に、目鼻立ちがハッキリとした美人です。服装はカジュアルながら体のラインが出るような服を好み、全体的に華やかな印象を持ちます。一見ハイステイタスな男性に好まれそうなイメージがしますが、そんな彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は札幌から電車で30分ほど行った田舎で、両親と3歳上の姉、2歳下の妹との5人家族です。姉がとても成績が良かったので、両親の期待はすべて姉が請け負っていた感じですね。それに妹は姉2人を見ているからか本当に要領のいい子で両親から可愛がられていました。私と両親は特に不仲というわけではないのですが、私だけがやや家族で浮いていたのかもしれません。学生時代は何かを親身に相談した記憶も、特に心配をかけたこともなかったです。姉妹間でも姉と妹が仲良くて、その2人と少し距離があったような気がします。典型的な真ん中っ子でしたね」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「高校2年生の時です。高校時代は特に部活動もせずに地元のスーパーでレジ打ちのアルバイトをしていて、そこで出会った人でした。彼は1歳年下の、ちょっと悪い感じのする人で、高校へは行かずに私のバイト先のスーパー近くでたまっていた7〜10人ほどのグループの1人です。よく近くでたまっているのは知っていたんですが、特に周りに迷惑をかけるグループではなかったので、自分とは関係ない人たちだと、その存在を気にしていませんでした。でもいつからか彼だけが私がレジをしている時によく買い物に来るようになり、話しかけられていくうちに仲良くなりました。その数か月後に告白されて付き合いだしました。

彼は高校へ進学せずに親がやっている飲食店の手伝いをしている人で、見た目は茶髪に片耳にはピアスを付けて、ちょっと大きめの服装で全体的にチャラチャラしていたんですが、中身は優しくて真面目な印象だったので、ちゃんと好きになる前にOKした感じでね。付き合ってからはそのグループの一員になり、みんなで一緒に遊ぶようになっていきました」

始めてできた彼とは、戸惑うことばかりの連続だったそうです。

彼の要求にこたえられない……!

「最初こそみんなで楽しく過ごしていたんですが、2人っきりになったら付き合ってすぐなのにエッチなことをしてこようとして……。私はすべてが始めてだったこともあり、求められるたびに拒否していたので、気まずい日々が続きました。彼のことは付き合ってすぐに好きになっていたので、あまりに断り過ぎて嫌われたくなくて2人になるのを避けたりしていたんですよ。そしたら徐々に彼に避けられるようになってしまって、3か月で振られました。

その後、失恋の余韻に浸ることもなく別れた直後にそのグループの別の男性から告白されました。彼は元彼のことを相談していた人で、私より1歳下の彼の友達です。仲の良い友達が集まっているからそこにいるような、悪い印象はまったくないような好青年で、彼は高校へも通っていました。最初はお断りしたんですが、徐々にほだされてしまって…。彼と別れて3か月後には付き合いだしました」

新しい彼との付き合いは、元彼の時とは一転穏やかなものだったようで幸せな日々が続きました。

「彼はもしかしたらグループから外されるのかもと心配していたのですが、元彼とは別れた後だったし、その時には元彼には新しい彼女がいたみたいで、今まで通り同じグループの友達と仲良くできていました。私はさすがにもうそのグループと仲良くするつもりもなかったので、グループから離れて彼とは2人で会っていました。そして彼は体を許さないことで別れた元彼のことも知っていたので、友達みたいな関係がずっと続きました。半年くらいは何もなかったし、彼からイチャイチャしてくることもなかったんです。でも私もさすがに高校3年生で18歳になり、そういうことにも興味があったので自分から誘うような感じで初めてを経験しました。そこからは普通のカップルのようにイチャイチャしたりしながら付き合いは順調に続き、私は高校卒業後にバイト先のスーパーに就職しました。彼も高校3年になり進学を目指していて勉強していたんですが、そのタイミングで妊娠していることがわかったんです」

10代同士の恋愛からの妊娠……。不安の中にある、小さな喜びの感情に戸惑いつつも明るい未来を想像していたのですが……。

1歳年下の進学を目指している彼との間にできた子供……。家族の誰にも相談できないまま、彼との話し合いがはじまります。〜その2〜に続きます。