からだエイジング : ハイシーズン突入目前。2017年春の花粉症対策、そろそろ始めどき!

写真拡大 (全6枚)

寒い日が続いていますが、暦の上ではすでに春。気象情報会社のウェザーニューズは、つい先日、花粉シーズンに入ったと発表しました。そこで今回は、花粉症の人でもそうでない人も知っておきたい今年の傾向のポイントと、早めに講じたい花粉症対策の基本をご紹介。

すでに到来! 今年の花粉シーズン

●2017年春の花粉飛散予測をチェック

日本気象協会の最新予測(2017年1月17日発表)によると、この春のスギ花粉の飛散開始は【全国的に例年並み】。
2月上旬には九州北部と中国・四国・東海地方の一部から花粉シーズンが始まり、関東甲信地方では、2月中旬には花粉シーズンへ突入する見込み。ただし、スギ花粉は飛散開始と認められる前から、わずかな量が飛び始めるため、「花粉飛散開始」というニュースを待たずに花粉対策を始める必要があるとか!

 

●3月がスギ花粉の飛散ピーク! そしてヒノキ花粉のピークへ

スギ・ヒノキ花粉それぞれのピーク時期も【例年並み】の見込みで、スギ花粉のピーク予測は、地域により以下の通り。

福岡:2月下旬〜3月上旬
高松・広島・大阪・名古屋・東京:3月上旬〜3月中旬
金沢・仙台:3月中旬〜3月下旬
スギ花粉のピークを過ぎた後は、各地でヒノキ花粉がピークを迎えることに(概ね4月付近)。

 

●花粉飛散量は、西日本で多め!

前年の夏の気象の影響が考慮されて予測される花粉の飛散数量は、一部の地域を除いて、多くなるか例年並み、またはやや少なめ。
九州・四国・近畿・東海地方:例年を上回り、前シーズンよりも非常に多い予想!
北陸・中国地方:前シーズンより多く、例年並みの飛散量
東北・関東甲信地方:前シーズンより少なめ、例年よりやや少ない
北海道:飛散量は前シーズンより少なく、例年に比べて非常に少ない

特に西日本では「広範囲で3年ぶり、特に京阪神などでは4年ぶりの大量飛散となる恐れ」という予測(ウェザーニュース)もあり、近年症状が軽めだった人も要注意!

花粉症対策、早めに着手が吉!

今年のスギ花粉飛散スタートも間近。例年花粉症の症状がつらい人は、花粉飛散のピーク前から医療機関を受診し、症状に合った薬を処方してもらい正しく飲むといった「治療」をしっかりおこなうとともに、からだが花粉にさらされないよう防御に努めるなど、「セルフケア」を早い段階から徹底したいもの。また、デイリーに花粉情報をチェックするだけでなく、花粉症のアレルギー症状を悪化させる可能性が指摘されているPM2.5や黄砂の情報も確認を。

 

花粉シーズンは年度末をまたぐなど、何かと慌しい時期。睡眠不足やストレス、偏った食事など体調を乱す要因にも気をつけて、できるだけ快適に春本番を迎えましょう。

○知っておきたい! 花粉症を悪化させる生活習慣はコレ

http://www.karada-aging.jp/practice/sonota61/

 

また、日頃からヨーグルトや納豆などの発酵食品や食物繊維を積極的に摂るなどして腸内環境を整え、体質改善を目指しておくのも、人によってはメリット大かもしれません。

○ヨーグルトにプラスワンで、免疫力UP!

http://www.karada-aging.jp/practice/shokuji24/

 

(文・大津礼保奈)

 

 

参考文献
【第3回】2017年春の花粉飛散予測(日本気象協会)

http://www.tenki.jp/forecaster/diary/pollen/2017/01/17/63041.html

【花粉】来春は「メリハリ型」、シーズン到来は2月初めの予想(ウェザーニュース)

http://weathernews.jp/s/topics/201611/210065/

2017年花粉情報(エスエス製薬)

http://www.ssp.co.jp/alesion/forecast/