経理必見!“悪徳”税理士を見抜く たった1つのポイント

写真拡大

「税理士さんは資格を持っているから大丈夫」「いつも正しい」。こう思ってはいませんか?

しかし中には、とんでもない仕事をする税理士もいるのです。

経理のプロフェッショナルであり、最新刊『スピード経理で会社が儲かる』の著者、前田康二郎氏がその詳細を語ります。

御社の税理士は大丈夫ですか?

 以前訪問した会社で、事務員から相談を受けました。

 社長が同席しているときに、会社の顧問税理士に対し、「帳簿のこの科目の残高が、自分が入社する前からおかしいのではないでしょうか?」と繰り返し質問をしたそうです。

 すると突然逆切れされ、「なら、おまえが全部やれよ!」と税理士から怒鳴りつけられたとのこと。それ以降、顧問料は払っているのに何も相談に乗ってくれなかったそうです。

 私がその会社を訪問するまで、すべて1人で伝票入力し、処理したものをセルフチェックしていました。当然処理も遅くなりますし、数字が正確かどうかも怪しくなります。

 私はその税理士にメールをして、一度お会いしたいと何度か交渉しました。しかし相手も察したらしく、「お互い忙しいでしょうから」と結局最後まで会ってくれませんでした。

 このようなときでも経営者の中には、「士業の先生は国家資格を持っているから」と、そちらの言葉を鵜呑みにしてしまう人もいます。

 その会社の社長も、私が「御社の税理士は少し普通ではありませんね」と伝えるまで、事務員のほうが悪く、税理士はよくやってくれていると思い込んでいました。

 士業の先生だからといってむやみに信頼せず、「社長の前だけでなく、一般社員の前でも誠実な人柄かどうか」を見るようにしてください。