iPhoneの動きが遅い!というときは、買い換えを検討する前に、これからご紹介する小技を実践してみてください。

30秒未満で出来るiPhoneリフレッシュ術

この方法でiPhoneをリフレッシュすると、アプリで保存していないデータは消えます。

ゲームでは進捗状況をセーブする、作成中のメモや加工中の写真などは保存するなどして準備を整えましょう。

準備が整ったら、iPhoneのロックを解除。ホーム画面が表示されている状態で、電源(ロック)ボタンを長押ししましょう。


【スライドで電源オフ】が表示されたら・・・


ホームボタンを長押し。


【スライドで電源オフ】が消え、ホーム画面に戻ったらホームボタンから指を離します。これでリフレッシュは完了です。

なぜiPhoneの動きが良くなるのか?

このリフレッシュ術を実行すると、iPhoneの動きが良くなったと感じることが多いです。なぜでしょうか。

iOSやアプリを使う際、処理に必要なデータはiPhoneのメモリという場所に一時的に保存されます。このメモリの管理は自動なので、通常は問題ありません。

しかし、メモリ管理が何らかのトラブルでうまく機能しなかったり、様々なアプリを使うことでメモリが足らなくなったりします。

すると、少ない残りのメモリで処理を行うのでiPhoneの動きが遅くなります。

先ほどご紹介した方法は、メモリを強制的に解放して空きを確保します。そのために、リフレッシュ後にアプリを再び使うと動きがスムーズになることがあります。

状況によっては、メモリ解放前と解放後でほとんど違いがないこともあります。

メモリ解放を定期的に実行すれば、iPhoneが使いやすくなるかもしれません。使い方にもよりますが、週に1回・月に1回やってみてはいかがでしょうか。