2015&2016のNBAオールスターゲームを現地観戦した北川悠仁がオールスターの魅力を語る!

写真拡大

世界最高峰のバスケットボールリーグ・NBAのオールスターゲームが、日本時間の2月20日(月)にアメリカ・ニューオーリンズで開催される。今回、WOWOW NBA中継のリポーターとして2015年、2016年のオールスターゲームを現地観戦した、ゆずの北川悠仁を直撃。現地での貴重なエピソードや、今年のオールスターの見どころを語ってもらった。

【写真を見る】スターとの対面に「I have!!」と歓喜!“持っている”北川に起きた奇跡とは!?

――2年連続でオールスターゲームを現地観戦されていますが、会場はどのような雰囲気なんですか?

会場はスターだらけですね。出場者もそうですけど、それ以外も“石を投げればレジェンドに当たる”みたいなね(笑)。すぐそこでチャールズ・バークレーが喋っていたり、まさにドリームチームにいた大スターたちが、たくさん来ているんですよね。おじいちゃんになっていて、分からないレジェンドもいますけど。でっかいおじいちゃんを見つけたら、だいたいレジェンドかな(笑)。

――2015年の現地観戦では、ダンクコンテストに出場したザック・ラビーンに手ぬぐいをプレゼントして、お返しにラビーンからバスケットシューズが一足送られてきたというお話を伺いました。昨年、オールスター観戦に出発する前に「もう一度プレゼントを渡して、もう一足をもらいたい」とおっしゃっていましたが、成功したのですか?

それがダメだったんですよ…ラビーンに会えなかったんですよね。取材する相手を、ラビーンかコービー・ブライアントか選ばなくちゃいけなくて…そりゃ、去年は引退イヤーだったしコービー選ぶよね?(笑) ラビーンのシューズはスタジオに置いているんですけど、音楽関係のものの中に突然、サイン入りのでかい靴が片方だけ置いてあるんです(笑)。次に会ったら右足のももらいたい!違う柄のでもいいから、ラビーンの靴をそろえたいです(笑)。

――コービーについては、昨年の出発前に「絶対コービーに会いたいけど、メディアの数も凄いだろうし無理かな…」と仰っていました。そんな中で見事インタビューに成功しましたね。

他を全部捨てて、コービーだけに照準を絞っていたんです。1時間以上前から最前列で彼を待っていたんですけど、とにかく取材陣が多かったので、なかなか振り向いてもらえなくて。でも、ここはミュージシャンの腕の見せどころだと思って、声を張って「コービー!」って叫んだら振り向いてくれました(笑)。ちょっとの会話と、持って行ったプレゼントを渡すことしかできなかったんですけど、あれは嬉しかったですね。

――ミュージシャンとしてのスキルを武器に、1番の目的を果たすことが出来たんですね。

その後は“コービー運”がついたみたいで(笑)、オールスターゲーム当日にエレベーターを待っていたら、スーツ姿のコービーが来たんですよ!そこで「昨日はありがとう!」と話すことができました。その後に、試合直前のインタビューの時にもコービーと居合わせて(笑)。3度もコービーに会えるなんて“持って”ますよね。「I have!」って叫びましたから(笑)。たぶん、英語の使い方を間違ってますけどね(笑)。向こうも覚えていてくれたのは、目立ってたのかな。他がちゃんとしたメディア媒体なのに、「片言の英語で物だけ渡してくる、日本の変なメディアがいるぞ」って(笑)。

――去年はさらに、ステフィン・カリーへのインタビューにも成功していましたね。

そう!「I have!!」ですよ(笑)。「カリーが来る」って聞いて30〜40分待っていたんですけど現れなくて、諦めてトボトボ歩いていたら、たまたまカリーがいたんですよ!そうしたら、なぜか「モーセの十戒」みたいに道が開けて、カリーのすぐ横に行けたんですよね。日本のファンに向けて「また東京行くよ!」っていうメッセージももらえたんですけど、予定外だったから、スタッフもみんな唖然としていましたね。こういう引きの強さを、どうしてバスケでばかり使っちゃうんだろう…もう少し、音楽でも使いたいです(笑)。

――レポーターとしても、北川さん個人にとっても、最高のオールスターでしたね。

寒さ以外はね(笑)。一昨年のニューヨークも寒かったけど、昨年のトロントは、それよりもキツかった。マイナス23度で、「街ロケやりましょう」って言うんですよ。おかしいじゃないですか!(笑) カメラを持っている方が震えちゃって、撮影は無理でしたけどね。今年は暖かいニューオーリンズだ!と思っていたんですけど、スケジュールの都合で行けなくて…残念ですが日本で応援しています。その代わり、今年はNBAファイナルに行きます!いや、行きたいです(笑)。ちょうど、ゆずのツアーが終わるころにファイナルが始まるので、2戦目あたりには間に合うんですよね。オールスターの“お祭り感”も楽しくて好きなんですけど、ファイナルのヒリヒリした感じも現地で味わいたいです!

――それでは最後に、読者の方にオールスターゲームの魅力について一言お願いします。

「今年もこの時期が来た!」という感じで見る方もいれば、今年初めて見る方もいらっしゃるかと思います。このオールスターゲームは、歌舞伎で言えば「役者がそろった」という状態。いい選手がそろっています。ぜひ楽しんでください!