重病説もあった胡氏が唐突に出現

写真拡大

 中国の胡錦濤・前国家主席(74)が春節(旧正月=今年は1月28日)前の26日、中国広東省広州市の大規模なフラワーフェスティバル(花市)の会場に孫娘とみられる少女と手をつないで登場、その傍らには広東省党トップの胡春華・同省党委書記ら同省最高幹部が随行していたことが明らかになった。中国語版ツィッター「微博(ウェイボ)」で、花市に現れた胡錦濤氏ら一行の写真が掲載された。

 胡氏の動静が伝えられるのは2015年9月に北京で行われた抗日戦争勝利七十周年記念の大規模軍事パレードの閲兵式に参加して以来、約1年半ぶり。

 その際、天安門楼上にいた胡氏の両手が小刻みに震えている様子が生中継のテレビ映像ではっきりととらえられており、これを契機に、胡氏の動静が伝えられることはほとんどなくなっていた。

 BBC放送などによると、胡氏は重度のパーキンソン病や心臓の血管系の病気を患っており、2013年春の引退後、入退院を繰り返しており、胡氏の重病説がささやかれていた。

 胡氏は最近まで広東省の沿岸部の珠海市で病気療養中で、ウェイボに掲載された写真では、顔がむくみ、やつれがひどいことから、まだ体調は思わしくないとの印象を与えている。

 また、写真では胡氏の隣に孫娘とみられる少女や若い男性ボディガードや、胡氏が率いる中国共産主義青年団(共青団)閥出身で共青団の最高幹部経験者だった側近の胡春華氏らの姿がみえる。

 胡春華氏は「ポスト習近平」候補として、今年秋の第19回中国共産党大会では党最高指導部の党政治局常務委員会入りするとみられている。

 だが、習近平主席としては自身の派閥である太子党(高級幹部子弟)グループの側近を最高指導部入りさせて、胡春華氏ら共青団出身の最高指導部入りを抑えたいとの意向が強く、党大会の最高指導部人事をめぐって水面下で激しい権力闘争が展開されているとみられる。

 中国情勢に詳しいジャーナリストの相馬勝氏は今回の胡錦濤氏の唐突な登場について次のように指摘する。

「病気療養中だったといわれる胡錦濤氏が体調が万全でないとみられるなか、無理を押して、公衆の面前に姿を現わしたのは、習氏らのグループを牽制する狙いであることは間違いない。

 胡氏は党総書記経験者として、党大会人事では一定の発言力を有している。また、9000万人もの青年組織である共青団人脈を束ねる中心人物であり、次期党大会で胡春華氏ら共青団閥有力者の党政治局常務委員会入りを後押ししようとしたのではないか。党大会まであと1年を切ったいま、両者の権力闘争は激しさを増すのは明らかだ」