またまたTwitterが騒がしい高須院長

写真拡大

 高須クリニックの高須克弥院長が世の中の様々な話題に提言するシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回はアパホテルに対するデモに関するお話をうかがいました。

 * * *
──さて、最近もまた高須院長のツイッターが騒がしくなっていますね。

高須:反アパホテルデモとそのカウンターデモの話だね。騒がしくなっているというよりも、僕は自分の考えを主張しているだけだよ。ネット上の論客たちがいろんな意見を投げかけてくるから、僕はそれに反論してるだけ。

──話の流れとしては、南京事件を否定する内容の書籍がアパホテルに置かれているということで、在日中国人の団体が反アパホテルデモを開催した。そこに、日本の団体がカウンターデモをした…という感じですよね。

高須:そうそう。僕はカウンターデモをするは必要なかったと思うんだよ。なんでもかんでも反対すればいいってものじゃない。もしも「中国人は敵だ!」って思っているなら、それは間違い。日本との友好を求めて抗議をしている中国人だっていると思う。中国政府が反日の姿勢だからって、全部の中国人がそうではない。そこを一緒くたにして中国人っていうだけですべてを攻撃対象にするのは、もう差別と同じようなもの。成熟した国の国民がすることではないよ。

──カウンターデモがあったことで、日本の評判が落ちてしまうという側面もあります。

高須:そうなんだよ。そもそも今回の反アパホテルデモは、中国のネットでひどく叩かれているみたいだね。「ホテルに本を置いているだけでデモをするなんてバカバカしい!」ってことらしい。中国内でそんなふうに見られているデモにカウンター行動をするって、恥ずかしいよ。

 日本は言論の自由が保証された国なんだよ。だから、どんなくだらないデモだって許される。それが日本の素晴らしいところだと思う。なのに、わざわざそれを潰そうとするのは、はっきり言って情けない。世界に誇る日本人だったら、スマートに中国人のデモを見守るくらいの余裕がほしい。

 それに、中国人のデモはカウンターを挑発する目的もあったんでしょ? だったら、絶対に静観すべきだ。口汚く中国人たちに罵声を浴びせる行為は、完全に逆効果。自分から「日本人が差別的だ」と間違ったアピールをしていることになる。

 たとえば中国や韓国の国内で、日の丸が焼かれたりしてるでしょ。あれも抗議というよりは完全に挑発行為。あんなものは本当にけしからん行為だと思うけど、だからといってそれと同じこと日本人がやるのはよくない。どうしてわざわざ自分たちから野蛮な行為をして、日本の評判を落とさなきゃならんのだよ。

──ツイッターでは、高須院長に異論を投げかけてくる人も多いですが、丁寧に返答なさっていますね。

高須:話をちゃんと聞いてくれる人もいれば、全然聞かない人もいるけどね。でも、おそらく日本を愛する気持ちということでは同じだろうから、できるだけアドバイスはしたいと思う。

 とはいっても、中国や韓国に言われっぱなしではいけないのは間違いない。韓国との関係は冷え切っていて、最近は日本政府もかなり強い姿勢を見せているけど、ああいう形はすごくいいと思うよ。それこそ、このまま国交を断絶して、一回リセットしてみるのもいいかもしれない。日本が言いなりになってるだけではないということを明確に示して、ひるませないと。

 そういえば、CNNが「最大20万人が日本軍の慰安婦になった」と報じたことに、菅官房長官が「20万人はまったく裏付けのない数字」としっかり反論したけど、本当に素晴らしいと思う。こうやって、冷静にひとつひとつしっかり事実に基づく形で反論するのが重要なんだよ。そうすれば、誰が正しいのかはすぐに分かるはず。感情に任せて暴走するのは野蛮な行為。日本人はスマートなんだから、冷静にいかないとね。

 * * *
 とにかく全体を俯瞰で見て、冷静な行動を心がけるようにと主張する高須院長。「賢い極右」と自称する院長のアドバイスには、日本の未来を明るくするヒントがたくさん隠されていそうだ。

【プロフィール】
高須克弥(たかすかつや):1945年愛知県生まれ。医学博士。昭和大学医学部卒業、同大学院医学研究科博士課程修了。大学院在学中から海外へ(イタリアやドイツ)研修に行き、最新の美容外科技術を学ぶ。脂肪吸引手術をはじめ、世界の最新美容外科技術を日本に数多く紹介。

昭和大学医学部形成外科学客員教授。医療法人社団福祉会高須病院理事長。高須クリニック院長。人脈は芸能界、財界、政界と多岐にわたり幅広い。金色有功章、紺綬褒章を受章。『ブスの壁』(新潮社、西原理恵子との共著)、『その健康法では「早死に」する!』(扶桑社)、『筋と義理を通せば人生はうまくいく』(宝島社)など。最新刊は『行ったり来たり 僕の札束』(小学館)。