「苺エクレア」。長さ50cm超えの真っ赤なロングエクレア。キャラメルクリームの間にはいちごがゴロリ/ハイアットリージェンシー 大阪「ロビーラウンジ」

写真拡大

大阪・南港にあるホテル、ハイアットリージェンシー 大阪の「ロビーラウンジ」では、「ストロベリーマニア〜苺に恋する午後〜」(1月7日〜3月26日)と題して、アフタヌーンティー&スイーツブッフェを開催中だ。

【写真を見る】ピスタチオが詰まった濃厚な生地の上に、ピスタチオのクリームをかけた「苺とピスタチオのタルト」/ハイアットリージェンシー 大阪「ロビーラウンジ」

50cmを超える巨大ないちごエクレアなど、ブッフェ台に並ぶのはワクワクするような約20種のいちごスイーツ。今年で2回目となるいちごブッフェのスイーツは、大きいながらも繊細な技が光る。セットのアフタヌーンティータワーが付くのも魅力的だ!

そこで、ハイアットリージェンシー 大阪のアフタヌーンティー&スイーツブッフェの数あるメニューの中から、編集部がおすすめする、いちごメニューベスト5を紹介!

ランキングは、甘党スイーツライターと辛党編集者両方の観点から評価。全メニューリストから10〜15品を厳選し、実際に食べて、味の総合、いちご度、見た目の華やかさ、食感の驚きなどの総合点でランク付け。

■ 編集部が選んだ「ハイアットリージェンシー 大阪 アフタヌーンティー&スイーツブッフェ」必食ベスト5

<ベスト1>「苺エクレア」。長さ50cm超えの真っ赤なロングエクレア。キャラメルクリームの間にはいちごがゴロリ。皮にクッキー生地を使用するなど細かな仕事が光る。

<ベスト2>「苺とピスタチオのタルト」。高価なピスタチオがギュッと詰まった濃厚な生地の上に、ピスタチオのクリームをかけた、高コスパメニュー。

<ベスト3>「苺のパリブレスト」。ココア生地にサンドされるのは、カスタードとチョコの2層のクリーム。その間にいちごが丸ごと収まる。甘味を抑えた大人味が魅力。

<ベスト4>「苺のベークドチーズケーキ」。濃厚な味わいは残しつつふんわりとした食感が楽しめるチーズケーキ。ふわふわのメレンゲも楽しい。

<ベスト5>「ストロベリーショートケーキ」。通常よりも厚く、きめ細かな生地が特徴。たくさん食べられるよう、クリームの脂肪分と甘さは控えぎみ。ふんわり軽くボリュームも十分。【関西ウォーカー編集部】