「仕事が忙しくて、会う時間が少ない」「私の話を聞いてくれない」など、彼氏に対して「もっとかまってほしい!」という不満をもっている女子が多いのでは? さらに不満がたまると、「本当にこの人でいいの?」「私の男を見る目が間違っていたのかも」と、彼氏との付き合いに迷いが生まれることも……。


男性に“癒やし”を求めるのは危険!


でもその判断は間違っているかもしれません。女性は、“この人”と1人付き合う男性を決めると、その人にすべてを求めてしまいがち。でも、本来男性に一番求めるべきは「男性としての魅力」です。女性のようなやさしさや癒やしを男性に求めるべきではないのです。結局は、女性に不満が残るだけですから。

頼りがいのなさに物足りなさを感じるように…


もし女性のようにいつもそばにいて、ただ話をきいてくれて、一緒になって泣いてくれるような男性がいたとしたら、その人は女性的な男性だということ。ですから、その人は反対に男性的な判断力や決断力、恋人や家族を守る責任感やリーダーシップを持ち合わせて持ち合わせてはいない可能性が高いでしょう。
そういう男性は、最初は一緒にいて心地よくても、ゆくゆくは物足りなさを感じるようになると思います。男性を見る基準は、女性がもつ基準とは別にあるのです。

いい男性の見極め方の基準は、喜んで仕事の話をする人


では、目の前の男性が「いい男かどうか」を見極めたいとき、何を基準に判断すればよいのでしょうか。もっともわかりやすいのが、「一生懸命仕事をしているか」です。


いい男性の特徴とは?


社会の役に立ちたい、自分の力を証明したい、その結果としてお金も稼ぎたい、というのが男性性の特徴。あなたがちょっと寂しいと思うくらい仕事に熱中している人は、男性性が高いという証拠。あなたの要求にはできるだけ応えたいとがんばってくれますし、いざというときはあなたを守ってくれるでしょう。

彼氏に「仕事忙しそうだね」「今はどんな仕事をしているの?」などと、ちょっと仕事の話をふってみてください。喜んで仕事の話をしてくれるようなら、一生懸命仕事に取り組んでいるはずです。そういうときは「すごいね」「頑張っているね」と話を聞いてあげてください。あなたをより一層大事にしてくれると思いますよ。

おごろうとしてくれるのも男性性の特徴


また、そういう男性は「好きな女性にはなるべくお金を出させたくない」と考えるものです。だからできる範囲でおごろうとします。それが男性ならではの「好きな人を大切にする方法」のひとつなのです。「おごってくれて当たり前」のような態度はよくありませんが、相手の男性性を尊重するという意識で、もしおごってくれたら目いっぱい喜びと感謝を表現しましょう。

幸せになるおまじない


仕事に一生懸命な「いい男」であるかどうかをチェックするために、彼氏に仕事の話を振ってみよう!
(奥平亜美衣)