Q270チップセット搭載のmicroATXマザー「C7Q270-CB-ML」がSupermicroから!

写真拡大

Kaby Lake対応のIntel「Q270」チップセットを搭載したmicroATXマザーボード「C7Q270-CB-ML」が、SuperOから発売となった。



「SuperO」(スーパーオー)は、サーバーやワークステーション向けマザーボードメーカーSupermicroのゲーミングブランド。

製品はヘビーゲーマー向けの「Pro Gaming」、メインストリーム向けの「Core Gaming」、ビジネス向けの「Core Business」の3シリーズがラインアップされ、いずれもサーバーグレードの高品質パーツを採用することで、高い安定性と耐久性を実現しているのが特徴だ。

今回発売となった「C7Q270-CB-ML」は、ビジネス向けの「Core Business」に属するモデル。搭載するIntel「Q270」はビジネス向けのチップセットで、オーバークロックに非対応な点とIntel vProテクノロジーに対応している点以外は「Z270」と同スペックとなっている。

主な仕様は、対応CPUソケットがLGA1151。対応フォームファクタはmicroATX。拡張スロットがPCI Express 3.0 x16×1、PCI Express 3.0 x4×1、PCI Express 3.0 x1×1。メモリはDDR4-2400 DIMM×2(最大64GB)。インターフェイスとして、SATA 6Gbps×6、M.2×1、ギガビットLAN×1、DisplayPort 1.2×1、HDMI 1.4b×1、DVI-D×1、7.1chサウンド、USB 3.1×2(Type-A)、USB 3.0、USB 2.0などを搭載する。

価格は、下記のとおり。

Supermicro「C7Q270-CB-ML」
24,818円(税込):パソコンショップ アーク


>> Q270チップセット搭載のmicroATXマザー「C7Q270-CB-ML」がSupermicroから! の元記事はこちら