プロは見た。美しすぎる40代がやっている生活習慣

写真拡大 (全3枚)

アラサー女性から見ても「素敵!」と思える女性と「オバサンだな。」と感じる女性がいると思います。そしてどちらも40代だと知ると驚くこともあるでしょう。いずれ自分も迎える40代。

美しい40代になるためには30代の過ごし方がとても大切! そこで今回は健康管理士の筆者が美しい40代女性が30代からやっている生活習慣をご紹介します。

1.適度な運動週間

運動をするのが億劫だという女性をこれまで数多く見てきました。みんな「時間がない。」とか色んな言い訳をするのですが、美しい女性にはそれがありません。運動をする時間と取る余裕がないなら一駅歩くとか、3フロア以内の移動は階段を使うとか、日常生活の中で体を動かすことを意識しています。

適度な運動はボディシェイプだけでなく、糖化による老化の防止までしてくれるので、運動まで出来なくとも“こまめに動く”ことを最低限は意識しましょう。

2.ナッツを食べる習慣がある

美しいボディラインを維持するためにはナッツを食べるのは栄養コンサルタントのエリカ・アンギャルが提唱して以来、何度も話題になっていますが今も食べ続けている人はどれくらいいるのでしょうか。

最近の研究ではアーモンドをはじめとするナッツ類にはAGEs(終末糖化産物)の排泄効果があることも分かっています。AGEsが体内に増えると皮膚においてはタルミやシミ、くすみの原因になることも分かっており、出来るだけAGEsを取らない、作らない、排泄することが美しさを保つ秘訣だと言われています。

ただしナッツ類といってもピーナッツは地下茎になるので厳密にはナッツ(種実)類には含まれません。

3.スパイスや緑茶を好んで摂る習慣がある

温活でお馴染みのショウガですが、実はショウガには糖化を防止する働きがあることが分かっています。インドの国立営養研究所の発表によると糖化を防ぐ食品としてショウガが最も糖化阻止作用が強く93%、次いでシナモン88%、クミン86%、緑茶86%となっています。

クミンはカレーに使われる独特の香りを持ったスパイス。日本では単体で使われることの少ないスパイスですが、チキンにまぶして焼いても美味しく食すことが出来ますし、当然カレーには欠かせないスパイスです。

しかし何よりショウガや緑茶は普段の食生活に取り入れやすいもの。アラサーになったら甘いカフェドリンクを卒業して、急須で入れた薫り高いお茶を楽しむのも良さそうですね。

【参考】

皮膚の糖化ストレスと光老化 - 日本抗酸化学会

※ Prevention of non-enzymic glycation of proteins by dietary agents - NCBI

※アーモンドを食べるだけでみるみる若返る! - 井上浩義 著(扶桑社)

【画像】

※ iconogenic / shutterstock

【筆者略歴】

SAYURI

長年の医療業界での経験や40垳採未梁慮海鮴犬し、延べ3万人を超える人の心と体の健康に携わる。総合栄養学・身体機能等を学べる「予防医療指導士」のテキスト監修者でもある。著書は「本当は怖いデスクワーク」