[故障者情報]

 ファジアーノ岡山は10日、DFチャン・ソグォンが検査の結果、右膝内側側副靱帯損傷と診断されたと発表した。全治は6週間から8週間。4日に行った愛媛との練習試合で負傷した。同選手は今季より城南FCから完全移籍で加入している。