世界最大の自動車市場となった中国だが、近所への買い物などでは自動車より自転車のほうが利便性が高く、中国では今でも自転車を利用する人は多い。しかし、中国で自転車に乗るうえで気をつけなければならないのは自転車の窃盗だ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 世界最大の自動車市場となった中国だが、近所への買い物などでは自動車より自転車のほうが利便性が高く、中国では今でも自転車を利用する人は多い。しかし、中国で自転車に乗るうえで気をつけなければならないのは自転車の窃盗だ。

 日本でも自転車の窃盗被害は少なからず存在するが、中国では「誰もが一度は自転車を盗まれたことがある」と言っても過言ではないほど、自転車の窃盗が多いようだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、中国では自転車の窃盗が多すぎると指摘したうえで、「日本はいかにして自転車の窃盗を防いでいるのか」を考察する記事を掲載した。

 記事は、自転車大国である中国では「自転車の窃盗が非常に多い」と伝え、「誰もが一度は自転車を盗まれたことがある」と同時に「購入した中古の自転車が実は盗品だった」というケースも少なくないと紹介した。

 続けて、日本でも多くの人が自転車を愛用していることを指摘する一方、日本では法律とルールが整備されているため自転車の窃盗が少ないと紹介。例えば、自転車は防犯登録が義務化されており、盗まれた時に追跡が可能になっていることを指摘したほか、警官が街をパトロールしていることも自転車の窃盗を防ぐことにつながっていると論じた。

 また、他人の自転車を盗めば当然犯罪であり、法律によって裁かれることになると指摘。「日本では防犯と処罰」という両面から自転車の窃盗を防ぐための仕組みを構築しているのだと伝え、だからこそ「日本人は誰も自転車を盗まない」と主張した。日本でももちろん自転車の窃盗はあるものの、中国より少ないのは事実であろう。窃盗が多い中国では自転車を家のなかに保管している人も少なくない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)