写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●LED光源の隠し球も
○4Kプロジェクター体験会、隠し球はLED光源&のHT9050

ベンキュージャパンは2月10日、THX HD規格認証 4K UHDホームシアタープロジェクター新製品体験会を開催。フルHDのHT6050と4KのHT8050はすでに発表済みで、2月24日から販売されるが、発売前のお披露目となった。

体験会ではまず、BenQ Asia Pacific President のJeffrey Liang氏が登壇。家庭用プロジェクター市場に参入して10年の歴史を振り返り、いよいよ「家庭に4Kプロジェクター」を投入するとした。

BenQは、世界のDLPプロジェクター市場と1080pプロジェクター部門でNo.1シェアであるとしつつも、北米とアジア太平洋地域ではNo.1ではない。しかし、画質にこだわるヨーロッパ市場の評価が高く、巻き返しを図る考え。色味に関しては、HDTV分野で標準的なRec.709のカラーマネジメントに対応していることで、メディアから高い評価を得ているそうだ。

DLPプロジェクターは世界のデジタルシネマのほとんどで採用されており、BenQの家庭用シネマプロジェクターは今後、4K UHD、THX認証、Rec.709やDCI-P3といったシネマカラー対応、画像処理、高輝度という5つの技術によって、「家庭でのシネマライク体験」を推し進めると締めくくった。

●4K UHDの全画素を表示
その後、ベンキュージャパンの洞口氏からHT8050とHT6050の製品説明が行われた。HT8050は従来よりも小型化した0.66インチの415万画素DMDチップを採用。XPRテクノロジーを用い、時分割でずらして表示することで4K UHDの全画素を表示するため、特に線画のような表示で他社製品との差がわかるという。

HT8050はTHX認証を取っており、映画監督が意図したとおりに、コンテンツを忠実に再現可能だ。認証を取るために、THX試験場において、200回におよぶテストを18カ月かけて実施したとのこと。特に色味は、念入りなカラーホイールの品質管理に加え、実際に投影してカラーキャリブレーションを実施。一つ一つの製品に校正レポートを添付して出荷される。

●デモンストレーション、そのクオリティに驚いた
新しいBenQホームシネマシリーズは、HT8050とHT6050のほかにHT9050が予定されている。HT9050は、他国でX12000と呼ばれている製品で、これまでになかった高輝度なLED光源による「HLCテクノロジー」を採用。

体験会では展示だけで、電源を入れたデモは行われていなかったが、光源寿命も2万時間と従来の10倍。色域も、Rec.709に加えてDCI-P3に対応するという。

HT6050は1080pのフルHDプロジェクターながら、Rec.709対応、THX認証を取得。また、スクリーンまでの距離として、最短1.7mから11.1mまでに対応した5種類のレンズが用意されているのが特徴だ。日本市場では、3.4m〜4.3mの距離に対応した標準レンズが同梱される。

最後にデモ動画が投影されたが、DLPらしい高コントラストでキレのある画像が、さらに4K UHDの高精細というのは目を見張る。「ホームシアターがあればこんな映像をいつでも見られるのか」と期待させてくれた。(残念ながら筆者宅にAVルームはない……)

(小林哲雄)