フランスのパリで行われたクルマの「美」を競う祭典「フェスティバル・オートモビル・インターナショナル」において、2016年の「最も美しいスーパーカー大賞」に「フェラーリGTC4ルッソ」が選ばれた。この賞は同車にとって最初の欧州年間アワードとなる。

 

一般投票によって選出

授賞式にはフェラーリ・デザインのシニア・バイスプレジデント、フラビオ・マンゾーニが出席。会場となった歴史的なゴシック様式の建造物「アンヴァリッド」にて、約600名のゲストを前に栄えある賞を授与された。

 

「世界一美しいクルマ大賞(The Most Beautiful Car of the Year)」は、特設ウェブサイトやFacebookを介して実施される、一般からの人気投票で決まることが特徴。通常の「最も美しいクルマ大賞」は5万5000ユーロ(約660万円)を超えない範囲のモデルから選ばれる中で、「最も美しいスーパーカー」部門は、 価格上限のない車種から選ばれる。

 

なおフェラーリGTC4ルッソは、2月5日まで開催された同フェスティバルにて展示された。