WOWOWのグラミー賞番組へ出演のためロサンゼルスに向かうピコ太郎

写真拡大

日本時間の2月13日(月)に迫った「第59回グラミー賞授賞式」。アメリカ・カリフォルニア州・ロサンゼルスのステープルズセンターで開催されるこの世界最高峰の音楽の祭典になんとあのピコ太郎が向かう。と言っても、彼がノミネートされたわけでない。この授賞式はWOWOWが現地にスタジオを設け生中継するが、その番組への出演が決定したのだ。

’16年に「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」でブレイクしたピコ太郎。その世界的ヒットに“貢献”したジャスティン・ビーバーも今回のグラミー賞に「年間最優秀アルバム」「年間最優秀楽曲」など4部門にノミネートされており、受賞が気になるところ。

WOWOWは「ピコ太郎が現地ロサンゼルスの地で何を見て、何を語るのか。レッドカーペットを歩く姿が見られるかも!?」と含みを持たせるが、当の本人は、歩く気満々。「通常のカーペットはいつも歩いているのですが、今回はレッドカーペット!ただのレッドカーペットではなく、グラミーレッドカーペット!グラミーレッドカーペットっていう名前を子供につけたいくらいの憧れでしたから、そこを歩けるということで、汚さないように、今から靴の裏を磨いておきます。興奮しております!」とのコメントを発表し、意欲を見せている。