キャサリン妃より手頃な値段で真似できるメーガンのファッションが人気上昇中/写真:SPLASH/アフロ

写真拡大

まだ王室に入ったわけでもないのに、ヘンリー王子の恋人メーガン・マークルの影響がジュエリー市場に現れているという。

【写真を見る】「メーガン効果」が頻発する日も近い?オシャレなメーガン・マークル/写真:SPLASH/アフロ

キャサリン妃の着た服がすぐに完売することは「キャサリン妃効果」と呼ばれてきたが、どうやらすでに「メーガン効果」が出ているそうだ。

先日、ケンジントン宮殿近くの花屋でブーケを買う姿がパパラッチされた時、ミーガンはMissomaの59ポンド(約8300円)の指輪をしていたが、ネットに写真が出ると同ブランドに電話が鳴りやまない状態になり、同じ指輪の注文が殺到したという。

また、Missomaはメーガンお気に入りブランドのようで、インスタグラムにも同ブランドの125ポンド(約1万8000円)のネックレスをして写っている自分の画像をポスティングしていた。

キャサリン妃お気に入りのジュエリーブランドはアスプレイで、2月5日にマラソンの練習に参加した時も2950ポンド(約41万0000円)のイヤリングをしていた。英紙デイリー・メールによれば、キャサリン妃が身につけるアスプレイのジュエリーは、イヤリングで2750ポンド(約38万9000円)、ネックレスで3150ポンド(約44万3000円)、指輪で2300ポンド(約32万4000円)から。

しかし、メーガンが愛用しているMissomaだとイヤリングは19ポンド(約2700円)、ネックレスは59ポンド(約8300円)、指輪は29ポンド(約4000円)からと、非常に庶民的な値段。まだ無名の小さなブランドだが、スポークスパーソンは、「メーガンは一年ほど前から我々のブランドのジュエリーを身につけています。ずっと前から我々の製品のファンです」という声明を発表した。

さらに、ジュエリーだけではなく、メーガンが被っていたカナダのブランド、Kootenay Classicsの黒いニット帽もすでに完売しているそう。こちらも13ポンド(約1800円)と手頃な値段で、誰でも気軽に買えることから、「メーガンがキャサリン妃から完売女王の座を奪うのでは?」という声も。「人々がメーガンのファッションを好きなのは、リラックスしていながらエレガントで、シックで、少しファンキーだからだと思います。キャサリン妃よりずっとストリート風ですから」とファッション業界関係者が英紙デイリー・メールに語っている。【UK在住/MIKAKO】