「宇宙の星が」放送終了…EXO スホ&ジウが伝える“今”の大切さ

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「宇宙の星が」がEXOのスホとジウの悲しく切ないエンディングで、“今”の大切さを伝えた。

9日に韓国で放送されたMBC「宇宙の星が」では、ウジュ(EXO スホ) を守るために奮闘するビョリ(ジウ) と、そんなビョリと幸せな日常を過ごすウジュの姿が描かれた。

ウジュはビョリと堂々とデートを楽しみ、ビョリはウジュのおかげで少しずつ生前の未練を捨てていく。ビョリは母親のもとを訪れて愛していると伝え、海へ旅行にも行った。その過程で、自身を車で跳ねて死なせたのがク・セジュ(シン・ヒョンス) であることを知った。

絶対に許せそうになかったク・セジュも、ビョリは結局許した。ヨン・ソリ(ナ・ヘリョン) の励ましがあったためだ。また、自身が死んだ後、ショックを受けて倒れた母親を7年間も世話してくれたのがク・セジュであることを知って、彼を許した。彼女の未練の1つだった“勇気ある許し”を果たした瞬間だった。

一方、ウジュはビョリとの恋愛により離れていったファンのため、辛い思いをしていた。コンサートも当日に中止される屈辱を味わった。そんなウジュのためにビョリは、ファンを集めてミニコンサートを開く。しかしそこで、ビョリに怪我させようとしたウジュの熱狂的なファンが現れた。刃物で刺されるところだったビョリを救ったウジュは、結局彼女の代わりに刃物で刺され、生死の危機にさらされることになる。

すべてが運命だった。ビョリはウジュが自身のために死ぬ運命であることを知った。これに対して死神のチョ・ヨンギ(イ・シヨン) に「ウジュを救ってくれたら、あなたがどうしても連れていくことができなかったあなたの娘の代わりに、7年後に私が行く」とし、ウジュとしばらく時間を過ごしたいと話す。

ビョリの話を聞いたチョ・ヨンギは、これをク所長(チュ・ジンモ) に伝えると、ク所長はビョリの願いを聞き入れてくれた。過去、自身の息子ク・セジュの代わりにビョリを連れて行ったのが、ク所長だったためだ。ク所長は償いとしてビョリの願いを叶えてウジュを救い、ウジュとビョリは幸せな日常を迎えた。

2人は結婚し、子供を産んで平凡に暮らした。しかし、ビョリは7年後に自身の死を予感した。チョ・ヨンギの娘が死の分かれ道に立っていることを感じたのだ。ビョリはウジュとの切ない別れを告げて天に昇った。ウジュは1人で残り、子供と共にビョリとの幸せな瞬間を振り返った。

「宇宙の星が」はトップスターに対するファンの純粋な気持ち、ファンの愛を失うんじゃないかと不安なトップスターの心を鏡のように映し出し、ストーリーを展開していった。しかし、一番重要なメッセージは、“今この瞬間”を愛して幸せになろうということだ。死を経験して、死をそばから見守り、死を控えている様々なキャラクターを通じて、二度と来ない現在に対する大切さを気づかせた。

未練の多かったビョリは最後の瞬間、“未練のない別れ”という人生最後の未練を消化した。これはすべての瞬間に全力を尽くし、愛して、表現したウジュとの時間があったため叶えることができた願いだった。

“後”という単語は実は一番愚かな単語なのかもしれない。愛も、感謝も、謝罪も“今”言ってこそ伝わるものだ。忙しい日常と照れくさいという言い訳で、いつも“後で”と言っている昨今の人々に、「宇宙の星が」が与えるメッセージをもう一度深く考えてみてほしい。