【詳細】他の写真はこちら

「欲しい!」「使ってみたい!」と誰もが願う“アコガレ”の逸品・名機たち。最新デジモノ市場をリードする、そんな人気製品をオールジャンルで選抜。真なる“価値”がここにあるはずだ!! 今回は“沼”と例えられるほど奥深いカメラ趣味の世界で、アコガレのモデルを追ってみよう。

 

フルサイズEOSの大定番がいよいよ第四世代へ





キヤノン

EOS 5D Mark IV

EF24-70mm II USMレンズキット

実勢価格:61万3940円

今ではアマチュアに留まらず、プロからも指名買いされるようになっている、キヤノンのフルサイズセンサー搭載機では中核モデル。シリーズ初の像面位相差AF対応、4K/30p動画撮影対応など多くの先進機能を搭載する。

【ここが特徴!】 35mmフルサイズセンサー、有効3040万画素、キヤノンEFマウント

ここにアコガレる!



新開発のCMOSセンサーは「デュアルピクセルCMOS AF」に対応。ライブビュー時の高速AFを実現する。

暗闇をものともしない高感度性能





ソニー

α7S II

実勢価格:35万4970円(ボディのみ)

35mmフルサイズセンサーを搭載したミラーレスカメラ「α7」シリーズの変わりダネ。画素数を1220万画素に抑えることで最大ISO感度409600での撮影を可能とした。わずかな明かりでも真昼のように撮影できるのが特徴だ。

【ここが特徴!】 35mmフルサイズセンサー、有効1220万画素、ソニーEマウント

LUMIXシリーズ新ハイエンドは待望の4K/60p動画撮影に対応





パナソニック

LUMIX DMC-GH5

実勢価格:調査時未発売

これまで民生用カメラでは実現できていなかった4K/60p動画の撮影に対応。これに伴い、シリーズで好評だった「4K PHOTO」が「6KPHOTO」にパワーアップ。6K解像度(約1800万画素)での30コマ連写などが可能に。

【ここが特徴!】 4/3型センサー、有効2030万画素、マイクロフォーサーズマウント、

4K/60p録画

ミラーレスカメラの限界を超える高機能・多機能





オリンパス

OM-D E-M1 MarkII

実勢価格:23万5240円(ボディのみ)

プロユーザーもターゲットとする『OM-D E-M1』

(2013年10月発売)の後継モデル。有効画素数の増加などといった基本スペック向上に加え、超高速なAF追従連写やEVFのレスポンス向上など、上級者が求める高性能化が丁寧に行なわれているのが大きな特徴だ。

【ここが特徴!】 4/3型センサー、有効2037万画素、マイクロフォーサーズマウント

ここにアコガレる!



撮像センサーが刷新。画素数向上のほか、反射防止のARコート導入によりフレアやゴーストの発生を抑えている。



最大18コマ/秒のAF追従連写に対応。レンズ交換式カメラとしては驚異的な数字だ。新アルゴリズムで精度も改善。

機動性を増した高画質機





富士フイルム

FUJIFILM X-T2 レンズキット

実勢価格:20万2810円

見やすい大型EVFと、多くの操作をダイヤルで直接行えるフルダイヤルオペレーションが自慢の高性能ミラーレスカメラ。目と指で思うがままに“撮”れるのが魅力だ。

【ここが特徴!】 APS-Cサイズセンサー、有効2430万画素、富士フイルムXマウント

磨き抜かれた至高の名機がブラッシュアップ





ソニー

サイバーショット

DSC-RX100M5

実勢価格:11万2570円

1.0型センサーを搭載した高級コンパクトカメラ市場を生み出した「DSC-RX100」シリーズの第五世代機。ポップアップEVFや最大1000fpsのスローモーション撮影などに加え、新たにAFの高速化が図られている。

【ここが特徴!】 有効2010万画素、光学2.9倍ズーム

 

ここにアコガレる!



業界最速の0.05秒の高速AFを実現。フレームの約65%をカバーする315点のAFポイントもスゴい。

ニコンも1.0型高級コンデジ市場に参入





ニコン

NIKON DL

18-50 f/1.8-2.8 EVFキット

実勢価格:12万5270円

ニコン初となる1.0型センサー搭載高級コンパクトカメラ。名称の「DL」は、同社一眼カメラ「D」シリーズのDと、「NIKKOR Lens」のLが由来。その操作感と描写力をコンパクトに持ち歩けるようにしている。

【ここが特徴!】 有効2081万画素、光学2.8倍ズーム

スマホともつながる多機能ライカ





ライカ

LEICA TL 標準ズームセット

実勢価格:42万1200円

コンパクトでAF対応のライカTマウントを採用したミラーレスカメラ。Wi-Fiを利用したスマホ連携など、従来ライカカメラにはみられなかった機能が数多く搭載されている。ブラック/チタン/シルバーの3色展開も目を惹く。

【ここが特徴!】 APS-Cサイズ、有効1630万画素、ライカTマウント

インスタントカメラでもライカ!





ライカ

LEICA Sofort

実勢価格:3万4560円

「チェキ」で使われているinstax miniフィルムが利用できる小型インスタントカメラ。3万円台で購入できる「ライカ」という意味でも興味深い製品と言えるだろう。

 

文/山下達也(ジアスワークス)