昨季まで横浜F・マリノスの10番を背負った中村俊輔(左)。新たに背番号10を付ける齋藤学(右)にエールを送った【写真:Getty Images】

写真拡大

 ジュビロ磐田中村俊輔は10日、横浜F・マリノスで今シーズン背番号10を背負う齋藤学にエールを送った。

 トリコロールのエースナンバーは、中村俊輔が1999年から2002年、2014年から2016年と計7シーズン付けたもの。自身の移籍によって空き番号になっていたが、“後継者”は日本代表のアタッカーに決まった。

 海外移籍など新たな道を模索していた齋藤だが、横浜FMとの契約を延長。そして新たに10番を背負うこととなった。

 発表前に齋藤本人から連絡を受けたという中村俊輔は「プライドを持って、自分のプレッシャーにしたいから番号を変えたと思う」と後輩の気持ちを汲み取り、「頑張ってと伝えた」とエールを送ったことを明かした。

 磐田と横浜FMの今シーズン最初の試合は4月8日、J1第6節。日産スタジアムで激突する。両者が同時にピッチに立つことになれば、さらに大きな注目が集まりそうだ。

(取材・文:青木務)

text by 青木務