写真提供:マイナビニュース

写真拡大

米Microsoftは2月9日(米国時間)、Windows 10のパーソナルアシスタント「Cortana」の機能拡張を発表した。

新しい機能は、機械学習を応用してユーザーのメールを分析し、「対象の人物」「約束の内容」「締切日」などを収集。それをもとに新しいリマインダを作成し、アクションセンターに保存する。例えば、自分宛に「私は金曜日までに報告書をお送りします」といったメールを送信しておく。なお、リマインダは「Cortana Home」にあり、確認や手動による追加が可能。

発表の時点では、米国のWindows 10において、Outlook.comとOffice 365のメールアドレスに対して有効。他のメールアドレスは順次サポートしていくとしており、また今後数週間で、iOSとAndroidがサポートされるようだ。