いい感じの男子がいるのに、「毎日LINE送ったらウザがられるかな……」なんて戸惑ってしまう女子もいますが、送らないと好意も伝わりません。好きな気持ちを知ってもらいたいなら胸キュンするLINEを送りましょう。

鉄板「おはよう」「おやすみ」

好きでもない子からの「おはよう」と「おやすみ」は正直困る……という男子だって、好きな子からのLINEだったらウェルカムだったりします。朝起きて好きな子から「おはよう! 今日も1日頑張ろうね!」なんて届いていたらテンション上がります。

疲れた心もホッとする「お疲れさま!」

夕方、夜に好きな子から「今日も1日お疲れさまでした!」なんてねぎらいのLINEが届いたら、心がホッとして疲れていたことすら忘れられるかも。「いい感じの彼がいるけど、LINE送る口実がないなぁ」って場合は、「お疲れさま……!」が一番無難。お疲れさまのあとに、文章が長くならない程度に今日あったことを書き足すと彼も返信しやすいかも。

母性本能が垣間見える「体調大丈夫?」

誰かがカゼをひいたとわかった場合、「大丈夫?」「お大事に」とLINEすることありますよね。でも治るまで毎日体調を心配してくれる人って、そうそういないもの。最後まで心配してくれるのは身内や恋人じゃないですか?
もし気になる彼がカゼをひいたのなら治るまで毎日「具合どう?」「熱は?」「無理しないでね」「なにか持って行こうか?」など体調を気にかけましょう。体調が弱っているときは心も弱っています。そんなときに支えてくれる女子に惚れる男子は以外と多いです。

以前の会話の内容を覚えている

以前の話した内容を覚えてもらっていると、誰だって嬉しいですよね。なので、たとえば彼が「先週。駅前のカフェ行ったんだけど、オシャレなのに混んでなくて穴場だったと」と言ったのなら、実際に足を運んでそこで撮った写真と一緒に彼に「〇〇さんがこの前言ってたカフェにきてみました……!」と送ってみましょう。きっと「あ、話覚えててくれたんだ」とほっこりした気持ちになれます。

面白いサイトのURLや画像

仕事で疲れたときにクスッと笑えるサイトや、写真が届くと気分転換にもなり嬉しいものです。もし彼が最近忙しそう、疲れていそうなら「これ面白かったからあげる!」とクスッと笑えるサイトのURLや写真を送って、笑わせてあげましょう。きっと時間のあるときに見て気分転換してくれます。彼にLINEする口実がないときはいい口実にもなるので、サイトURLや写真はオススメです。