【今さら聞けない】なぜ雪が降る前にワイパーを立てるのか?

写真拡大 (全6枚)

ガラスの下に溜まった雪の重みでワイパーが落ちるのを防ぐ

降雪地域はもちろん、この季節は首都圏、大阪などの都市部でも降雪に見舞われることがある。2016年には東京で54年ぶりとなる11月の降雪が観測された。

そんな降雪予報が出ると、街なかで見かけるのがワイパーを立てているクルマ。「雪のときはワイパーを立てる」というのは多くの人がどこからか聞いて実行しているが、その理由については知らないという人もいるだろう

理由その Ю磴僚鼎澆妊錺ぅ僉舎楝里落ちるのを防ぐ

わずかな雪なら関係ないが、積雪が数センチ観測されるようなとき、フロントガラスに着雪し、写真のようにガラスの下部に落ちてきて溜まってしまう。

このとき、雪がワイパーブレードに乗っかるような状態で、ワイパーアームにかなりの荷重がかかるのだ。このままワイパーを作動させると根元のナットが緩み、正常に作動しなくなることもある。

動かす前に雪を降ろすことも大事ですが、重みでアームごと落ちてしまうことがあるので、それを防ぐためにあらかじめワイパーをあげるというわけだ。

さらも忘れがちだが、リヤワイパーにも雪は積もる。フロントは金属製が多いものの、リヤは樹脂製がほとんどで、根元のナットも小さく重みに耐えにくい構造のものが多い。少しの雪でもアームがおちてしまうので、こちらも上げておこう。

凍結したまま使用するとゴムを破損してガラスを傷つけることも

理由その◆凍結によるワイパーの損傷

ワイパーブレードは、曲線のガラスにも均等に接地するようにバネのような構造になっている。この間に入ってしまった雪をそのままにしておくと凍結してしまいがちだ。

このまま作動してしまうと、ガラス全体を拭くことができず、拭き残しが出来るだけでなく、ゴムがちぎれてしまいフロントガラスにキズを作ってしまうこともある。これを防止するために、寒さに強い天然ゴムなどを使用した雪用ワイパーも存在する。

クルマによってはワイパーブレードが上がらないようになっているものもある。これは空力や風切り音などの理由で、ボンネットフードのなかに隠れるような設計をしているためだ。

こういったタイプは上げることができないので、使用前に雪を掻き出し、フロントガラスを温めてから使用するのがいいだろう。ちなみに寒冷地仕様などでは、ワイパー用の熱線が入っているクルマもある。

まだまだこれからの季節は雪が降る可能性がある。とくに雪になれてない地域のオーナーは、十分に対策して、クルマを大事に維持してほしい。