写真提供:マイナビニュース

写真拡大

俳優の阿部サダヲと女優の深田恭子が夫婦役を演じているTBS系ドラマ『下剋上受験』(毎週金曜22:00〜)の第5話が、きょう10日に放送される。

同ドラマは、中卒の父と偏差値41の娘が、受験塾にも行かず二人三脚で最難関中学を目指した実話をもとに、小5の夏から中学受験に挑むまでの1年半にわたる家族の奮闘を描いた物語。500日で娘の偏差値を30上げた熱すぎる父・桜井信一を阿部サダヲ、信一の妻・香夏子を深田恭子、娘・佳織を山田美紅羽が演じている。

第5話では、香夏子が信一の勤めていた不動産会社で働くことに。これまでの専業主婦の姿とはかけ離れたスーツ姿で、楢崎哲也(風間俊介)の補佐役として働く香夏子は、持ち前の人当たりの良さで担当客から気に入られるなど、早速仕事にやりがいを見いだしていく。そんな香夏子の生き生きとした姿を、信一はうれしく思う反面、複雑な気持ちも抱く。

一方、入れ替わるように専業主夫になった信一は、娘の佳織との受験勉強に専念するためとはいえ、これまでとは一変した生活に戸惑う。そんな中、佳織は風邪で欠席を続ける同級生・麻里亜(篠川桃音)の自宅を訪問。小学校を休んで受験勉強に励んでいた麻里亜のすすめで、佳織は桜葉学園の過去の入試問題に挑戦するも、問題が難しく全然解けず満点の麻里亜との差にショックを受けてしまう。そして、その姿を見た信一は、現在の実力を正確に知るために全国オープン模試を受けることを提案する。

(C)TBS