「アジアの壁」と「アジアの大砲」。

 往年のサッカーファンにとっては懐かしいフレーズだろう。まだ日本が世界を知らなかった時代。アジアを代表するというニュアンスが含まれたこの愛称は、当時では最大級の賛辞だったに違いない。


かつて「アジアの壁」と称されたアビスパ福岡の井原監督 そんなアジアを席巻した「壁」と「大砲」が今季、J2の舞台で直接対峙する。もちろん選手ではなく、監督として。井原正巳と高木琢也。同い年のライバルが、J1昇格をかけて争うことになる。

 1967年9月18日生まれの井原監督と、1967年11月12日生まれの高木監督。前者はアビスパ福岡、後者はV・ファーレン長崎と、同じ九州に本拠地を置くチームを率いる。共通項は決して少なくなく、因縁の対決とあおっても大げさではないだろう。

 指導者としての実績は高木監督が勝る。2000年に引退し、大学のチームなどを指導したのち、2006年に横浜FCのアシスタントコーチに就任。しかし、開幕直後に監督が解任されると、急きょ後任に抜擢された。

 突然の指揮官就任にもかかわらずその年にJ2優勝を成し遂げ、クラブを初のJ1へと導く。J1に臨んだ翌年は結果を出せずシーズン途中に解任されたものの、その後に東京ヴェルディやロアッソ熊本を率い、2013年より地元・長崎の監督に就任。同年と2015年には6位に躍進し、昇格プレーオフ進出を果たした。

 そのスタイルの源(みなもと)となるのは、緻密な守備組織だろう。決して戦力が満たされない状況において堅守速攻型のチームを作り上げ、これまで率いたすべてのクラブで一定の成果を挙げてきた。

 一方の井原監督は、監督のキャリアとしては決して長くない。2002年に引退後、2006年に北京五輪を目指すU-23日本代表のアシスタントコーチに就任。2009年から5年間は、柏レイソルのコーチを務めた。

 福岡の監督になったのは2015年のこと。就任1年目でいきなりJ1昇格を成し遂げたのは高木監督と同様で、J1の舞台で苦しんだのも同じだ。ふたたびJ2で戦う今季が、監督3年目のシーズンとなる。

 標榜するスタイルも、高木監督に共通する部分がある。2015年に昇格を成し遂げた際は守備組織を整備し、1-0で勝つサッカーを展開。とりわけシーズン終盤の10試合で8試合が無失点と、まさに自身の現役時代の魂が乗り移ったかのような鉄壁ぶりだった。

 そんな両チームが、2月上旬に宮崎で行なわれたDAZNニューイヤーカップで対戦。結果は福岡が4-0と長崎を一蹴し、昨季のJ1チームの意地を見せた。

 今季の福岡はDF岩下敬輔(ガンバ大阪→)やMF山瀬功治(京都サンガF.C.→)ら経験豊富な実力者を補強し、J1で戦った昨季以上の戦力を確保。持ち前の堅守速攻に加え、ボールを保持し、自分たちからアクションを起こすやり方も模索している。

 4ゴールを奪った試合後に井原監督は、「ビルドアップの意識と、相手のプレスの状況を見て背後を早く突いていくというところ。あとは2トップの飛び出しはずっと言ってきたことなので、そこはある程度できたし、相手の嫌なところをうまく狙っていけたかなと思っています」と、手応えを掴んでいた。

 シーズン前にライバルチームを一蹴したことで、「vs.長崎」「vs.高木監督」という意味でもアドバンテージを得られたのではないか。しかし、井原監督はあくまで慎重な姿勢を崩さない。

「長崎さんもメンバーをローテーションされていたので、そこは別物だと思います。今日の結果が直接リーグ戦につながるとは思っていないし、まだまだこれからだと思っています」と警戒心を示しつつ、「粘り強く、よく走るチームを高木はいつも作ってきますから」と、ライバルへのリスペクトも忘れなかった。

 一方、完敗に終わった高木監督にとっては厳しい結果となった。昨季、17ゴールを挙げてチームの得点源を担っていたFW永井龍が名古屋グランパスに移籍。新たな得点パターンを模索するなか、その成果を示せなかった。もっとも高木監督は、「身体が少し重かったと思います。そのなかで多少チャンスを作れたのはいい部分。全体的には足りないところがたくさん出てきたので、逆によかったかなと思っています」と、前向きな姿勢を崩さない。

 福岡について問われると、「選手層が厚いですよね。J1でやっていただけのことはあると思います」と相手の実力を認めつつ、「ただ、サッカーは強いチームが必ず勝つとは言えないスポーツなので、相手の穴をうまく狙っていったりする部分は、シーズンに向けてやっていかないといけないと思います」と、負けん気を示す。そして井原監督については、「僕は井原らしいサッカーがよくわからないので、これからしっかり見ていきたいと思います」と、不敵にほほ笑んだ。

 慎重さが求められるセンターバックと、奔放さが強みとなり得るストライカー。いずれも緻密なチーム作りで成果を挙げてきた指揮官ではあるものの、その発言を聞くかぎり、メンタリティの部分では現役時代のスタンスが残されているのかもしれない。

 初のライバル対決となった一昨季のJ2リーグでは、当時の両チームのスタイルを象徴するように、2試合ともにスコアレスドローと白黒はついていない。

 長崎は池ノ上俊一社長が辞表を出すなど経営問題が浮上しているが、実力的には両チームとも、今季の昇格候補に挙げられてもおかしくはない。とりわけ近年のJ2は昇格プレーオフというレギュレーションのおかげで、どのチームが昇格しても不思議ではなくなっている。それだけに、指揮官が望まなくとも、シーズンは進むなかで互いに意識せざるを得ない存在となっていくはずだ。

 大砲が壁を打ち砕くのか、強固な壁が砲撃に耐えしのぐのか――。話題豊富な今季のJ2において、この”指揮官ライバル対決”にも、大いに注目したい。