アメリカの連邦裁判所は10日(2017年2月)、トランプ大統領がイスラム圏7か国からの入国を禁じた大統領令について、連邦地裁の下した一時停止の処分を支持した。トランプはいよいよ窮地に追い込まれたが、そんなトランプと別荘に泊めてもらってゴルフをやろうというのが安倍首相だ。

滞在するのはトランプが所有するフロリダの「マール・ア・ラーゴ」という豪華リゾート施設で、その費用を日本側が支払えば、公務の宿泊で会談相手に利益をもたらすことになり、法律違反と議論になった。

相手の土俵で相手のポケットマネー

結局、トランプ大統領が全額支払うことになったが、中瀬ゆかり(新潮社出版部長)は顔をしかめる。「首脳会談で大統領におごられるのはあまりないように思いますね。普通の人間関係でも、おごられるとそれだけで気が引けてくる。相手の土俵で、しかも相手のポケットマネーでというのはどうなのかと思ってしまう」

トランプの接待を受けるということで、その見返りは高い物につきそうだ。