「キム課長」ナム・グンミン、賄賂疑惑について釈明

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
俳優ナムグン・ミンが、ドラマ「キム課長」で賄賂疑惑について釈明した。

キム・ソンリョン(ナムグン・ミン) が9日午後に韓国で放送されたKBS 2TV水木ドラマ「キム課長」第6話を通じて、労組委員長だと誤解を受けて3億ウォン(約3000万円) を手にした理由を明らかにした。

彼は「私ははっきりと労組委員長ではないと言った」として、「3億ウォンを受け取らなければ殴ると言ったので受け取った」と釈明した。

キム・ソンリョンは、賄賂をそっくりそのまま返した。ユ・ハギョン(ナム・サンミ) は、「予備費の項目で入金しておいた。全額会社に返した。非公式で支出された会社のお金をそっくり再び戻しておいた」と話した。