“解散”Wonder Girls、最後のシングルがチャート1位に

写真拡大

このほど解散が決まった韓国のガールズグループ、Wonder Girlsが10日に発表したラストシングル「描いて」(原題) が六つの音楽配信サイトのランキングで1位を記録した。

同曲を作詞したメンバーのイェウンは交流サイト(SNS) のInstagram(写真共有SNS) に「Wonder Girls10周年に差し上げられるものがこれだけで残念です、ごめんなさい」とのメッセージを掲載し、「どんな言葉でも、どんなものでも足りない別れですが、一番私たちらしいあいさつは、いつも通り音楽のような気がします。もう一度、これまでWonder Girlsを愛して下さった全ての方に感謝します」と伝えた。

ヘリムもInstagramに「本当に本当にありがとうございます」との文章を掲載し、感謝を表した。

2007年にデビューしたWonder Girlsは「So Hot」「Tell me」などのヒット曲を連発し、2008年に発表した「Nobody」では復古(レトロ) ブームを巻き起こした。

所属事務所JYPエンターテインメントは「Wonder Girlsはダンス曲からバンド音楽までアーティストとしての力量を幅広く発揮し、不世出のガールズグループの地位を築いた」と評した。

Wonder Girlsは先月26日に解散を発表し、4人のメンバーのうちソンミとイェウンは所属事務所を離れることになった。