「ミッシングナイン」チェ・テジュン、全ての罪をチョン・ギョンホに被せる

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
チェ・テジュンが嘘泣きしながら全ての罪をチョン・ギョンホに被せた。

9日に韓国で放送されたMBC水木ドラマ「ミッシングナイン」では、チェ・テホ(チェ・テジュン) が記者会見を開き、ソ・ジュノ(チョン・ギョンホ) を殺人鬼だと言う姿が描かれた。

この日チェ・テホは記者会見を開き、記者たちの前に立った。彼は「1人だけ生き残るためにあの殺人者は僕たちを殺そうとした。僕たちが真実を知ったから。あの人にとって僕たちは死ななければならない存在だった」と話した。

続いて彼は涙を流しながら「その人は誰か。誰がユン・ソヒ(リュ・ウォン) を殺したか」という質問に「その殺人鬼はソ・ジュノだった」と話し、ショックを与えた。

チェ・テホは「愛する同僚たちを救うことができず、1人で生き残って申し訳ない」と頭を下げた。

これを見ていたラ・ボンヒ(ペク・ジニ) は「全部嘘だ。私がこうしようと思って待ってたと思うか。チェ・テホを呼んでくれ」と怒った。