「LP-S9070」

セイコーエプソン株式会社は、カラーページプリンタ「LP-S9070」を、2017年3月2日(木)に発売する。トンボ付きでA3判を出力できるSRA3サイズ(450×320mm)や、耐水紙 / 厚紙 / ミシン目入り用紙といった特殊用紙に対応し、POP作成や雑誌広告などのデザインをはじめ、より幅広い用途での利用が可能となった。標準価格が19万9980円(税抜)の通常モデルのほか、Adobe PostScript 3 純正ソフトウェア対応モデルの「LP-S9070PS」も、標準価格29万9980円(税抜)で発売される。本製品の出力解像度は、最高1200×1200dpi(スクリーン処理により1200×2400dpi相当)。モノクロ / カラーともに35枚/分の出力速度(A4ヨコ)が実現されており、標準で自動両面プリントにも対応している。ファーストプリントタイム(A4)は、カラーで6.4秒、モノクロで6.3秒。インターフェイスには、10/100/1000BASE-TおよびHi-Speed USBが採用されている。従来モデル「LP-S9000」と同様に、最大150万枚(参考値)の耐久性も確保。給紙枚数は標準で660枚(カセット560枚+MPトレイ100枚)で、オプションの増設3段カセットユニット(560枚×3段)を追加することにより、最大2340枚の給紙が可能となる。プリンタドライバには、新たに「POPモード」を搭載。POPに適した鮮やかな色合いでの手軽なプリントが実現された。また、一部のページプリンタで既に搭載されている「ポスター印刷対応」機能も搭載し、A倍判のような大きなサイズのプリントデータの用紙分割プリントに対応している。本体サイズは640(幅)×407(高さ)×662(奥行)mmで、消耗品を含む重量は約66kg。セイコーエプソン株式会社 / エプソン販売株式会社
URL:http://www.epson.jp/
2017/02/10
▷こちらもおすすめ
エプソン、インクボトルの1回交換でA4カラーを約5000ページ出力できる複合機「EW-M770T」