グランプリ「素材としての文房具」
AATISMO(中森大樹さん / 海老塚啓太さん)
鉛筆 / 定規 / 消しゴムを長い棒状にして、ホームセンターにある木材や金属の部材のようにした作品。好きな長さに切って使えるほか、新しい道具の素材にもなる

2017年2月17日(金)から3日間にわたり、スパイラル 1FのMINA-TOにて「KOKUYO DESIGN AWARD 2016 WINNERS」が開催される。コクヨ株式会社による「コクヨデザインアワード2016」のグランプリ1点、優秀賞3点の作品模型の展示会。いずれの作品も、人とモノの関係性を見つめ直し、日々の生活や生き方での新しい考え方を提示するプロダクトとなっている。時間は11:00〜20:00。「コクヨデザインアワード」は、ユーザー視点のモノづくりを推進することを目的に、2002年より開始された。これまでに「カドケシ」「和ごむ」「なまえのないえのぐ」といったヒット商品が、この「コクヨデザインアワード」をきっかけに誕生している。14回目を迎えた「コクヨデザインアワード2016」は、“HOW TO LIVE”をテーマとして作品を募集。グランプリ作品には、テーマの問いかけに対するふさわしい答えであり、文房具の見方を変える作品として、「素材としての文房具」(AATISMO:中森大樹さん / 海老塚啓太さん)が満票を得て選ばれた。今回の展示では、優秀賞の「どうぐのきねんび」(阿部泰成さん)、「マンガムテープ」(南和宏さん)、「ぴったりカット」(Kujira:石川菜々絵さん / 前田耕平さん)も紹介。さらに、ファイナリスト作品10点のプレゼンテーションシートも閲覧できる。

優秀賞「どうぐのきねんび」阿部泰成さん

優秀賞「マンガムテープ」南和宏さん

優秀賞「ぴったりカット」Kujira(石川菜々絵さん / 前田耕平さん)

■期間:
2017年2月17日(金)〜2月19日(日)

■開催場所:
MINA-TO
東京都港区南青山5-6-23 スパイラル 1F

■問い合わせ先:
コクヨデザインアワード事務局
url. http://www.kokuyo.co.jp/award/
2017-02-19
▷こちらもおすすめ
“HOW TO LIVE”をテーマにプロダクトデザインを募集して商品化を目指す「コクヨデザインアワード2016」