「2016年度デジタルハリウッド大学卒業制作展」

デジタルハリウッド大学は、2017年2月17日(金)から3日間にわたり、駿河台キャンパス 3Fにて「2016年度デジタルハリウッド大学卒業制作展」を開催する。今年度に卒業する9期生の卒業制作の作品数は約150点。さまざまなデジタルコンテンツ作品や論文などの展示 / 上映が行われる。入場無料で、時間は初日が13:00〜19:00 / 2日目と3日目が11:00〜17:00。デジタルハリウッド大学は、構造改革特区を利用した文部科学省認可の株式会社立大学として、2005年4月に4年制大学のかたちで誕生した。高度なITスキルやデジタルコンテンツ、ビジネスで使える英語を学べる大学だ。「2016年度デジタルハリウッド大学卒業制作展」では、ブースで展示されている作品や、上映スペースでの映像作品、研究発表などを自由に観賞することが可能。ジャンルは、映像 / 3DCG / アニメーション / ゲーム / グラフィックデザイン / 立体造形 / Webコンテンツ / プログラミング / ビジネスプラン / 電子出版 / 論文 / 研究成果報告など非常に多岐にわたる。なお、2月17日(金)には、各ゼミの卒業制作から選出された最優秀賞を発表する「DHU卒業制作優秀賞2017」も開催。2月19日(日)には、18歳未満を対象とした「DHU-U18アーティストコンテスト2016」の受賞作品の展示や表彰式も実施される。■期間:
2017年2月17日(金)〜2月19日(日)

■開催場所:
デジタルハリウッド大学 駿河台キャンパス
東京都千代田区神田駿河台4-6 御茶ノ水ソラシティ アカデミア 3F・4F

■問い合わせ先:
デジタルハリウッド大学
url. http://www.dhw.ac.jp/p/sotsuten/
2017-02-19
▷こちらもおすすめ
今年からポピュラーカルチャー学部も初登場となる京都精華大学の「卒業・修了制作展」
生活を彩るデザイン提案などがプレゼンテーションされる文化学園大学造形学部の「卒業研究展」
拓殖大学が「工学部デザイン学科卒業展/大学院情報・デザイン工学専攻 修了展」を開催