※画像は実際の企業と関係はありません

 日本医薬品中国販売(株)(TSR企業コード:710080956、法人番号:9260001004981、岡山市中区浜1−15−71、設立昭和44年8月、資本金5500万円、鶴海利之社長)と関連の販売会社3社は2月9日、岡山地裁に破産を申請した。申請代理人は田口和幸弁護士ほか2名(阿部・井窪・片山法律事務所、東京都中央区八重洲2−8−7、電話03−3273−2625)。
 負債総額は約45億円、関連会社を含めた4社の合計は約85億円。

 医薬品の卸売業者で、主に後発医薬品メーカー大手の代理店として事業展開。その後、地元岡山のほか神戸および高松に関連の販売会社を立ち上げ、これらに製品を供給する元卸としての体制を構築。販社経由による東中国地区、関西地区、四国地区の各医療機関への販売基盤を整備してきた。ジェネリック医薬品の普及に伴い当社の売上高も増加基調となり、ここ数年は40億円台の売上高で推移していた。
 しかし、売上の伸長に伴う運転資金需要ならびに在庫資金の需要増から金融借入金への資金依存度は高く、金利負担が重荷となっていた。近年は、不良資産処理や人的リストラによる合理化を推進してきたものの経営改善は見られず、事業継続を断念した。
 同時に破産申請した関連3社は以下の通り。
・日医工中国販売(株)(TSR企業コード:023108347、法人番号:5260001005174、岡山市中区浜1−15−71、設立昭和59年4月、資本金8000万円、鶴海利之社長、負債総額約15億円)
・(株)日医工神戸(TSR企業コード:662283414、法人番号:5140001002191、神戸市東灘区住吉山手7−5−11、設立昭和49年6月、資本金8000万円、同社長、負債総額約15億円)
・(株)日医工四国(TSR企業コード:710277296、法人番号:5470001003248、高松市松島町3−24−6、設立昭和52年4月、資本金8000万円、同社長、負債総額約10億円)。
 なお、当社の主要仕入先である日医工(株)(TSR企業コード:590046195、法人番号:1230001002236、富山県富山市、東証1部上場)との資本関係はない。