プライドが高い人は、「結果」ではなく「プロセス」にこだわれ

写真拡大

「仕事にやる気が出ない」「もっと頑張らなくては」──。こんな悩みを抱えている人は多いのでは。今大ブームのアドラー心理学は、無理に頑張らなくても、自分のやる気を引き出せる方法を教えている。やる気をなくしてしまった7つの症状別に「やる気が湧く行動習慣」を紹介していく。

■(7)自尊心ガード型

■コントロールしやすいプロセスに注目する

プライドが高いタイプの美徳は、なんといっても常に高い基準を目指し、志を高く掲げて、責任感も強いこと。その分、完璧を求めるあまり、「失敗したくない」という思いも強い。そのせいか、少しでも難しく感じる課題には及び腰となりやすい。チャレンジする前からやる気をくじかれてしまうこともあるのが弱点だ。

こういうタイプに行動イノベーションの専門家である大平信孝氏がお勧めするのは、行動のハードルを下げること。たとえば企画書作成という業務の場合、「一気に完成度の高いものを仕上げなくては」と思うと誰でも気が重い。気負いすぎてなかなか着手できなくなるのだ。そこで、最初の一歩はグンとハードルを下げてみる。たとえば、以前につくった類似の企画書を取り出す。仮のタイトルだけを入力してみる。参考に使えそうな資料を机に並べる。こうした絶対に失敗しようがなく、たった10秒でできそうな行動からスタートするのがコツだという。

メンタルコーチの平本あきお氏の経験では、プライドが高く、常に完璧を求める傾向にある人は、子供の頃から「結果」にフォーカスしてきた人が多い。「難関大学に現役合格できた」とか、「ピアノのコンクールで優勝できた」といった具合に、周囲に褒められる結果を出すことで、揺るぎないプライドを構築してきた。そのため、いい結果を出せそうにないことには、どうしてもやる気が湧いてこない。

平本氏は、「結果」ではなく「プロセス」に注目しようと提案する。というのも、結果よりプロセスのほうが自分でコントロールしやすいからだ。たとえば、「コンペに勝つ」といった結果には届かなかったとしても、「そのために部が一丸となって頑張った」というプロセスを讃えることができれば、あまりプライドが傷つかないで済む。

アドラー心理学を使った研修やカウンセリングで定評のある岩井俊憲氏は、「あらゆるところで勝たねばならない『常勝神話』を捨て去り、『負ける』トレーニングをしてみよう」と提案する。「仕事の中で、負けるチャンスはいくらでもある。小さな負けを繰り返すことで、失敗への免疫が高まる」という。イチローのような超一流のプロ野球選手でさえ、打率は3割台だ。普通のビジネスパーソンが「完全な人間になるのは無理」と割り切ろう。失敗したっていい。落ち込んでも構わない。

「不完全な自分」をありのまま認めること、それが「自己受容」だ。「自己受容」ができるようになると明日への活力が湧いてくる。「自己受容」ができないからクヨクヨ自分を責めてしまうのだとアドラー派の心理カウンセラーでもある小倉広氏も指摘する。

そのためには訓練が必要だ。一番効果的なのは失敗を含めてありのままの自分をさらけ出せる相手を見つけ「受容」してもらうこと。「家人なり友人なり、たった一人でいい。弱音をそのまま受け止めてもらう体験を重ねよう」と小倉氏。もし身近にそうした人が見当たらなければ、「プロのカウンセラーを頼ったり、行きつけのクラブのママに打ち明けてみるのも手」と勧める。「受容」される体験を重ねるうちに「自己受容」もできるようになるのだ。

■至高のプライドを持ち、神様目線を目指す

書道家の武田双雲氏はガラッと視点を変えて、「いっそのこと、天にも届くほど、思いっきりプライドを上げてしまったらどうか」と刺激的な提案をする。

「『誇り高き戦士』を目指すといい」。いわゆる「プライドの高い人」は、中途半端ゆえにネガティブに捉えられてしまう。「並の『上から目線』は嫌われるけど、『神様目線』にまでなれば逆に大丈夫」。

各界のトップクラスとの交流機会も多い武田氏だが、常に自分らしくいられるのは、そうした「神様目線」を獲得しているせいかもしれない。

「この前ASEAN(東南アジア諸国連合)の偉い方と対談させていただいたときも、地球規模からいって、ASEANにはまだまだポテンシャルがありますよ、なんて偉そうにいってしまった」と屈託なく笑う。

武田氏のような視点を獲得できれば、従来「失敗」だと思ってきたことが、取るに足らない些細なことに思えてくるに違いない。「失敗って意外と相対的なもの」と武田氏はいう。失敗の基準も人それぞれだと思えば、恐れるものはない。プライドを積極的に生かす手もあるのだ。

----------

大平信孝(おおひら・のぶたか)
アンカリング・イノベーション代表取締役。目標実現の専門家。独自に開発した「行動イノベーション」により、日本大学馬術部を2度の全国優勝に導くなど活躍。
 
平本あきお(ひらもと・あきお)
チームフロー代表取締役、メンタルコーチ。東京大学大学院修士課程修了。米国の心理学専門大学院(アドラー心理学)でカウンセリング心理学修士課程修了。
 
岩井俊憲(いわい・としのり)
ヒューマン・ギルド代表取締役、中小企業診断士、上級教育カウンセラー、アドラー心理学カウンセリング指導者。カウンセリング、カウンセラー養成や公開講座を行う。
 
小倉 広(おぐら・ひろし)
小倉広事務所代表取締役。組織人事コンサルタント、アドラー派の心理カウンセラー。リクルート、ソースネクスト常務、コンサルティング会社代表取締役を経て現職。
 
武田双雲(たけだ・そううん)
書道家。東京理科大学理工学部卒業。3歳より書道家である母に師事し、書の道を歩む。約3年間のNTT勤務を経て書道家として独立。独自の創作活動で注目を集める。
 

----------

(小島和子=文 大沢尚芳、榊 智朗=撮影 教えてくれる人:大平信孝、平本あきお、岩井俊憲、小倉広、武田双雲)