画像

写真拡大 (全3枚)

 LINEが提供する「LINE Pay」の登録ユーザー数が2月10日時点で世界1,000万人(解約除く)を突破した。2017年1月末時点のグローバルにおけるユーザー数(解約除く)は前年同期比2.8倍だった。また、取扱決済総額も前年同期比13.8倍に拡大した。

 LINEが提供する「LINE Pay」の登録ユーザー数が2月10日時点で世界1,000万人(解約除く)を突破した。2017年1月末時点のグローバルにおけるユーザー数(解約除く)は前年同期比2.8倍だった。また、取扱決済総額も前年同期比13.8倍に拡大した。

 「LINE Pay」は、「LINE」を通じてユーザー間での送金や、提携サービス・店舗での決済を簡単・便利に行うことができるモバイル送金・決済サービス。2014年12月16日に全世界のユーザー向けに公開された。

 日本では、2016年3月より利用金額の2%分のLINE ポイントが貯まる「LINE Pay カード」の発行を開始し、若年層を中心に利用が拡大。また、2016年12月27日〜2017年1月3日には「LINEのお年玉」キャンペーンを実施し、新規ユーザー数増加を図った。

 台湾、タイ、インドネシアでも、各国に特化したプロモーションおよび現地銀行・決済関連企業との連携を強化することにより、新規ユーザー数および決済金額の拡大を続けている。

 具体的には、台湾では、400以上のオンライン・オフラインショップと連携するほか、中国信託商業銀行と提携して「中国信託LINE Payカード」の発行を開始した。

 タイでは、公共交通システムおよびオフライン店舗の電子決済用スマートカード「Rabbit」と提携して「Rabbit LINE Pay」を展開。さらに、光熱費の支払いも可能になっている。インドネシアでは、Mandiri銀行と協業し、モバイル決済取引サービス「LINE Pay e-cash」を展開した。

MarkeZine編集部[著]