今年で12回目を迎える、飛行機の世界最高峰レース「レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ」が、2月10日にアラブ首長国連邦(UAE)のアブダビで開幕する。

 2年連続で千葉・幕張でも開催され、昨年は9万人のファンの前で室屋義秀が優勝するなど、日本でも盛り上がりをみせる同レース。開幕前に最上級のマスタークラスパイロット14名をチェックして、8戦に及ぶ熱い戦いに備えよう!

※紹介の順番は昨年の成績上位から


マティアス・ドルダラー(46歳)/ドイツ

所属:マティアス・ドルダラー・レーシング

飛行機:エッジ540V3

圧倒的な強さで涙の初優勝。年間総合2連覇を狙う

 昨季は2位以下を大きく引き離しての年間総合優勝。パイロットの実力はもちろんだが、ウイングレットの導入や、空気抵抗を減らすための翼表面の加工など、機体改良の効果も大きかった。全7戦中(第8戦は強風のため中止)、表彰台に立てなかったのはわずかに1戦のみという、圧倒的な強さでの初戴冠だった。フライト直後にコックピット内で発する「ヨーロレイッヒー!」の歌声は、勝利パフォーマンスとしてもはやおなじみだ。

 とはいえ、良くも悪くも粗削りで豪快なフライトがドルダラーの魅力。他を寄せつけない速さを見せる一方で、機体のコントロールが大きく乱れることも意外なほど多い。今季の優勝候補筆頭ではあるが、つけ入るスキは十分にあるだろう。

 2009年デビューで、室屋とは同期生。陽気な性格で、戦いを離れれば、室屋と最も仲のいいパイロットである。


マット・ホール(45歳)/オーストラリア

所属:マット・ホール・レーシング

飛行機:エッジ540 V3

昨季前半は不調も実力は随一。機体変更で世界チャンピオンを目指す

 一昨季はポール・ボノムと最終戦まで年間総合優勝を争う激闘を繰り広げ、2強を形成。初タイトル獲得はならなかったが、そのシーズンを最後にボノムが電撃引退したため、ホールの1強時代到来かに思われた。

 ところが、優勝候補筆頭で臨んだはずの昨季は、開幕当初から機体調整がままならず、自身もフライトのリズムを崩して下位に低迷するレースが続いた。ようやく本来の実力を見せたのは、第4戦以降。第5戦、6戦を連勝して巻き返したが届かず、年間総合2位にとどまった。今季はMXS-Rからエッジ540V3へと機体を変え、心機一転のシーズンとなる。

 ホールもまた2009年デビューで、室屋とは同期のひとり。同期仲間のドルダラーに先を越されてしまったが、今季は逆襲を期す。


ニコラス・イワノフ(49歳)/フランス

所属:チーム・ハミルトン

飛行機:エッジ540V2

フランス人らしいエレガントなフライトで、安定感は抜群

 ほとんどのパイロットがオーバーG(重力加速度が規定を超えると失格になる)に苦しんだ昨季開幕戦で優勝を果たしたように、ここぞというところで強さを発揮する堅実派。一昨季の最終戦でも、ハンネス・アルヒとポール・ボノムの年間チャンピオン争いがヒートアップするなか、優勝をさらっていった。常に落ち着いた様子で淡々とレースに臨むイワノフは、優雅かつスムーズなフライトが特徴。そんな安定感が、「場が荒れたレース」での強さにつながっているのだろう。

 レースを離れても物腰柔らかく、紳士的な雰囲気はフライトの印象とも共通する。昨季途中、アルヒが不慮のヘリコプター事故で亡くなった後は、機体にアルヒのロゴステッカーを貼ってレースに臨んでいた。


室屋義秀(44歳)/日本

所属:チーム・ファルケン

飛行機:エッジ540 V3

今季こそ! 6年目のシーズンに満を持して年間総合優勝を狙う

 言わずと知れた、日本人唯一のレッドブルエアレースパイロット。2009年デビューから今季で6年目を迎える。デビュー当初こそ、慣れないスピードに対応し切れず、成績を伸ばせずにいたが、一昨季あたりから徐々に実力アップ。新機体の導入もあり、一躍どのレースでも上位候補に浮上した。

 一昨季は自身初となる年間2度の表彰台に立ち、昨季は第3戦でついに初優勝。細かなミスもあり、レースごとの成績にバラつきはあるものの、常に上位を狙える実力を備えていることはすでに証明済みだ。今季の目標はズバリ、「年間総合優勝」を掲げている。

 本人も「(レースごとに)1番にこだわるのではなく、コンスタントにファイナル4に進出することが大事」と話しているように、確実にポイントを重ねていくことがタイトル獲得へのカギとなる。


ピート・マクロード(32歳)/カナダ

所属:チーム・マクロード

飛行機:エッジ540 V3

やんちゃ坊主からの脱皮。高い潜在能力がようやく開花か

 マクロードも総勢4人がデビューした2009年組のひとり。デビュー当時25歳と4人のなかでは最も若く、技術の習得も早かったため、デビュー前のトレーニングキャンプでは同期のなかで一目置かれる存在だった。実際、1年目こそ年間総合15位だったが、2年目には5位に躍進。3年間のレッドブルエアレース中断期間を挟み、3年目となった2014年第7戦では同期で一番乗りとなる初優勝も遂げた。

 その後は優勝どころか、同期の活躍を横目に表彰台すら遠のいてしまう時期もあった。だが、昨季からようやく調子を取り戻しはじめ、第6、7戦で連続表彰台(3位)。かつては出来不出来がはっきりした粗さも目についたが、経験とともに落ち着いたフライトが続けられるようになってきている。昨季終盤の勢いを持続できるようなら、怖い存在となるはずだ。


カービー・チャンブリス(57歳)/アメリカ

所属:チーム・チャンブリス

飛行機:エッジ540 V3

空のエンターテイナーは、観客を魅了することも忘れない

 昨季を最後にナイジェル・ラムが引退したことで、現役最年長のレッドブルエアレースパイロットとなった。かつては2度の年間総合優勝を果たした実力者であり、長年エアレースを支えてきた功労者だ。

 日本と違い、航空文化が浸透しているアメリカにあっては、「空のエンターテイナー」として非常に人気がある。地元・アメリカ開催のレース時には、彼の前にサイン待ちの長い列ができることも多い。

 近年は最盛期ほどの力はないとはいえ、一昨季あたりから機体の改良がうまく進み、表彰台を狙える位置につけている。昨季も第3、4戦でファイナル4に進出し、第3戦では3位に入った。経験豊富なベテランパイロットは、年間総合優勝を狙う者にとっては厄介な対戦相手となりそうだ。


マルティン・ソンカ(38歳)/チェコ

所属:レッドブル・チーム・ソンカ

飛行機:エッジ540 V3

能力の高さは間違いない。影の実力者はいつブレイクするか

 パイロットの技術は高く、機体も速い。にもかかわらず、全体の歯車がわずかに狂い、本来の実力が成績に直結しない。ソンカからはそんな印象を受ける。

 2014年にデビューしたソンカは、ルーキーシーズンにして最終戦で初のファイナル4進出を果たすなど、早くからチェコ空軍で磨かれた高い能力を発揮。2年目にも優勝こそなかったが、コンスタントに上位を争った。そんな実力が認められ、一昨季を最後に引退したレッドブルエアレースの生みの親、ピーター・ベゼネイが操ったレッドブルブランドの機体を引き継ぐこととなった。

 ところが、期待された昨季は第3戦こそ室屋と僅差の優勝争いを繰り広げ、2位となったものの、それ以外は振るわなかった。ポテンシャルは間違いなく高いだけに、その本格開花が待たれるところだ。


マイケル・グーリアン(48歳)/アメリカ

所属:チーム・グーリアン

飛行機:エッジ540V2

小柄な体に秘めた闘志。ベテランの勝負勘は侮れない

 レッドブルエアレースへの参戦は、今季で大台の10シーズン目を迎える。航空学校を営む家に生まれ、自動車よりも先に飛行機を操縦していたというエピソードを持ついぶし銀パイロットは、アグレッシブなフライトで年下のライバルたちとしのぎを削る。

 印象深いのは、ラスベガスでの昨季最終戦(第8戦)。機体を水平に保つことも難しい強風が吹き荒れるなか、果敢に攻めたグーリアンはラウンド・オブ・14でトップタイムを叩き出した。強風の影響でラウンド・オブ・8以降の実施は難しく、このまま終わればグーリアンの優勝という状況になったのだ。結果的にラウンド・オブ・14で最後の1組が強風で飛べず、レース自体がキャンセルに。優勝は幻となったが、勝負どころを心得たグーリアンらしい攻撃的なフライトだった。ツボを押さえた戦略は侮れない。


フアン・ベラルデ(42歳)/スペイン

所属:チーム・ベラルデ

飛行機:エッジ540V2

随所に強さの片鱗を見せた。初の表彰台に立つ準備はできている

 2014年に新設されたチャレンジャークラス(マスタークラスパイロット養成のための下級クラス)を経て、2015年にマスタークラスでデビュー。1年目は二桁順位が指定席だったが、昨季は、引退したポール・ボノムの機体を引き継ぎ、大きな戦力アップを遂げた。その結果、第2戦では予選トップのタイムを記録し、第4戦ではラウンド・オブ・14をトップタイムで通過。ファイナル4の壁は厚いが、間違いなく強くなっていることをいくつものフライトで証明している。

 現役レッドブルエアレースパイロットのなかでは屈指の長身で、窮屈そうにコックピットに体を押し込みながらも、フライトは軽快そのものだ。初の表彰台はもはや手の届くところにあるだろう。

 ちなみにマドリード出身のベラルデは、サッカー好き。アトレティコ・マドリードのファンである。


フランソワ・ルボット(46歳)/フランス

所属:FLVレーシング・チーム12

飛行機:エッジ540V2

タイムが伸びず、苦戦が続くエリートパイロット。今季こそ覚醒なるか

 元フランス空軍パイロットにして、エアロバティックス(曲技飛行)のフランス王者。「超」がつくエリートパイロットは2014年からチャレンジャークラスに挑戦し、そこでもシーズン3勝を挙げた。2015年のマスタークラス昇格は、鳴り物入りでの参戦だったと言っていい。

 ところが、さすがのルボットにもマスタークラスの壁は厚かった。予選のタイムでは他のパイロットに大きく置いていかれることも少なくない。残念ながら、ラウンド・オブ・14敗退が定位置となっている。昨季は開幕戦で突然3位に入り、初の表彰台に立ったが、その後は定位置に逆戻り。浮上の兆しはうかがえない。後からデビューしてきた後輩たちが力をつけるなか、今季も苦戦が続きそうだ。


ピーター・ポドランセック(46歳)/スロベニア

所属:ピーター・ポドランセック・レーシング

飛行機:エッジ540V2

遅咲きのオールドルーキーが2年目の飛躍を目指す

 レッドブルエアレースには、自身が空軍出身であったり、自宅に飛行場があったりと、空を飛ぶ環境に恵まれて育ったパイロットが多いなか、ポドランセックは雑草タイプ。16歳でグライダーの免許を取り、21歳でようやくエンジン付き飛行機の操縦を始めたというから、その歩みは、同様に華やかな経歴を持たない室屋と似ている。

 2014年からチャレンジャークラスに参戦し、2シーズンを経た2016年、マスタークラスに昇格した。45歳でのデビューは、最近ではかなりの遅咲きだ。

 コツコツとキャリアを積み重ね、ようやく世界最高峰の舞台にたどり着いたオールドルーキーも、1年目はスピードに対応できず、ラウンド・オブ・8に進出できたのは一度だけ。2年目の今季は、まずは安定してラウンド・オブ・14を勝ち上がることが目標となる。


ペトル・コプシュタイン(38歳)/チェコ

所属:チーム・シュピールベルグ

飛行機:エッジ540 V3

昨季はルーキーらしからぬ速さを発揮。2年目はさらなる飛躍を期す

 2014年にチャレンジャークラスに参戦し、2シーズン地道に修行を重ねた。2014年には、チャレンジャークラスで年間優勝も果たしている。晴れて2016年、マスタークラスにデビューした。

 ルーキーシーズンとなった昨季は、ポイントを獲得できたのは2戦だけ。その2戦にしても、いずれも9位にとどまっており、数字だけを見れば成績は振るわなかった。だが、公式練習や予選では時折上位のタイムを出すなど、着実に力をつけていることをうかがわせる。やはりチャレンジャークラス初代王者の実績は伊達ではない。2年目を迎える今季は、優勝争いまではともかく、上位勢にとって簡単には倒せない難敵になりうる存在だ。


クリスチャン・ボルトン(43歳)/チリ

所属:クリスチャン・ボルトン・レーシング

飛行機:エッジ540V2

緊急参戦の昨季、すでに速さの片鱗は披露。1年目から活躍の予感あり

 昨季途中、アルヒが不慮の事故で亡くなったことを受け、第7戦から急きょマスタークラスに参戦。すでにチャレンジャークラスで実績を残し、今季からの昇格が内定していたとはいえ、思わぬ形でのデビューを迎えた。

 デビュー戦は実質1週間の準備だったにもかかわらず、チリ空軍出身という経歴を持つボルトンは優れたテクニックを発揮した。準備の時間がなく、機体の調整もままならなかったため、まだまだ勝負にはならなかったが、マスタークラス初戦とは思えないほどフライトは安定しており、室屋も「これはきっと速くなる」と驚きのコメントを残したほどだ。

 実質的なルーキーシーズンとなる今季に向けて、オフに十分なトレーニングや機体改良が進められたはず。どんなフライトを見せてくれるか楽しみだ。


ミカエル・ブラジョー(29歳)/フランス

所属:ブライトリング・レーシング・チーム

飛行機:MXS-R

規格外のルーキー登場。エアレースの歴史を変えるか

 ブラジョーは2014年からチャレンジャークラスに参戦。2015年に年間優勝を果たすと、昨季はレースに参戦せず、ナイジェル・ラムのチームスタッフとしてマスタークラス全戦に帯同した。その一方で、昨季からレッドブルエアレースに導入された「マスター・メンター・プログラム」によって、マスタークラスの機体を使って実際のコースをフライトするトレーニングを重ねてきた。簡単に言えば、ブラジョーは過去に例のない特別な環境で養成されたエリートパイロットなのだ。

 機体やチームスタッフなども、引退したラムからそのまま引き継ぐことになっており、バックアップ体制も万全。従来のルーキーとはまったく異なる「即戦力」であり、優勝争いに加わってくる可能性すらあるだろう。しかも、なかなかのイケメン。女性人気も高まりそうだ。

■エアレース・その他記事一覧>>