音代漁業(株)(TSR企業コード:430092040、法人番号:9190001007298、静岡市清水区袖師町1974−39、登記上:三重県度会郡南伊勢町田曽浦3952、設立昭和40年2月、資本金2700万円、雜正英社長)は2月9日、静岡地裁に民事再生法の適用を申請した。申請代理人は中村光央弁護士(中央法律事務所、静岡市清水区辻1−2−1、電話054−366−2203)。監督委員には伊藤みさ子弁護士(静岡・市民法律事務所、同市葵区伝馬町9−10、電話054−252−9555)が選任された。
 負債総額は約30億円。

 昭和40年創業の遠洋漁業者で、自社船を積極的に建造。カツオやマグロの一本釣りやまき網漁のほか、水産物の加工販売も手がけ、ピークとなる平成21年2月期には売上高約60億1800万円をあげていた。東日本大震災の影響は軽微だったものの、以降の業績は低迷し、24年2月期の売上高は約50億6900万円に落ち込んだ。26年2月期は約59億円に持ち直したが、採算は低調推移を余儀なくされていた。その後も業況の回復は乏しく、資金繰りも限界に達し今回の措置となった。