1

Windows純正のドライバーのタイムスタンプはすべて「2006年6月21日」に統一されています。Windowsマニアでもなかなか知らなさそうなトリビアの理由をMicrosoftのエンジニアが明かしています。

Why are all Windows drivers dated June 21, 2006? Don’t you ever update drivers? - The Old New Thing

https://blogs.msdn.microsoft.com/oldnewthing/20170208-00/?p=95395

Microsoftのレイモンド・チェン氏はMicrosoft公式ブログで「Why are all Windows drivers dated June 21, 2006? Don’t you ever update drivers?(どうしてWindowsドライバーの日付は2006年6月21日なのか?まさかアップデートしたことがないの?)」という投稿で、その種明かしをしています。



Windowsではシステムがハードウェアに関するドライバーを探すときのために、さまざまな基準によってドライバーをランク付けしています。このランク付けではドライバーがハードウェアIDに完全に一致している時に最上位に来るような仕組みで最適なドライバーを探しやすくなる仕組みになっており、複数のドライバーが最上位候補になるときには「最新のタイムスタンプを持つものが優先される」とのこと。

Windows純正のドライバーのタイムスタンプがビルドリリースの日付と一致している場合で、サードパーティが提供するカスタムドライバーが提供されたとします。ここで新しいビルドにWindowsがアップデートされるとWindows純正ドライバーのタイムスタンプは、サードパティ製のカスタムドライバーよりも日付が新しくなってしまいます。その結果、Windows純正ドライバーのランクがサードパーティの提供するすべてのドライバーのランクを上回ることになり、すべてのサードパティ製ドライバーがWindows純正ドライバーに置き換えられるという不具合が生じてしまうことになります。

このような不都合を回避するために、Windows純正ドライバーのタイムスタンプはすべて「2006年6月21日」に固定されているというわけです。ちなみに2006年6月21日以前に提供されたドライバーのタイムスタンプも、すべて2006年6月21日に統一されているそうです。