TWICE ダヒョン、高校卒業の感想を述べる「制服を着た学生時代が懐かしい」(動画あり)

写真拡大

TWICEのダヒョンが、高校卒業の所感を明らかにした。

10日午前、ソウル市松坡(ソンパ) 区長旨洞(チャンジドン) の翰林(ハンリム) 演芸芸術高等学校で開催された卒業式にダヒョンが出席した。

この日、ダヒョンは卒業式の所感を聞かれると「卒業という言葉がとても名残惜しい」として、「制服を着た学生時代が懐かしい。今日お祝いに来てくれた友達に感謝する。今後、さらに熱心に取り組むTWICEのダヒョンになる」と語った。

また、メンバーに卒業プレゼントをもらったのかという質問には「メンバーがコンサートの準備中で共にできなかったので、家を出るときにおめでとうとたくさん言ってくれた。『我らがダヒョン! 成人になったね』という言葉が記憶に残っている」と答えた。

ダヒョンは20日にカムバックを公式化しただけに、今後TWICEの活動に集中する見通しだ。