1

メキシコとの国境に壁を作り、特定の国家からの入国制限を行う姿勢を見せるトランプ大統領の政策には、アメリカ内外で賛否両論の声があがっています。そんな中、Amazonが提供しているワンプッシュで商品が購入できるハードウェア「Amazon Dash Button」と同じように、ボタンをポチっとするたびにアメリカで自由と人権を守るために活動している団体「アメリカ自由人権協会 (ACLU)」に寄付を行うことができる「ACLU Dash Button」を作った人が現れました。

The ACLU Dash Button - Medium

https://medium.com/@nathanpryor/the-aclu-dash-button-16719e446363

Amazon Dash Buttonは、それまではPCのブラウザやスマートフォンアプリなどを使って注文する必要があったAmazonでの購入方法を、ボタンをポチッとするだけで行えるようにした物理ボタンです。すでに日本でもサービスは開始されており、実際にDash Buttonでポチッとしてみた様子は以下の記事で読むことができます。

スマホ不要&ワンプッシュでAmazonのお気に入り商品を注文できる物理ボタン「Dash Button」を使ってみた - GIGAZINE



本来のDash ButtonはAmazonで注文するためだけの装置ですが、これと同じような方法でACLUに寄付できる装置を作ってしまったのが、デザイナーやプログラマー、メイカーなどの肩書を持つNathan Pryorさんです。友人のKathrineさんから「トランプの攻撃を目にするたびに寄付できるACLU Dash Buttonがあればいいのに……」というアイデアを聞かされたPryorさんは、実際にそのアイデアを実現する装置の開発に着手しました。

ACLUを使っている様子は以下のような感じ。これがあれば、トランプ大統領のニュースを聞くたびに寄付してしまえそうな様子が伝わってきます。

The ACLU Dash Button - YouTube

今や、テレビやネットでニュースを見ると……



文字どおり、毎日のようにトランプ大統領の政策に関するニュースが飛び込んできます。このニュースに対しては、世界中で賛否が巻き起こっている状態。「アメリカを守る」という内容でありながら、当のアメリカ人の中にも政策を受け入れられない人が多く存在しています。



「またかよ……」とため息が漏れた時には、ACLU Dash Buttonをポチッ。



操作を受け付けたランプが灯ると……



スマートフォンに「ACLUに寄付しました!」という通知。たったこれだけで、アメリカの自由と人権を守るための団体の活動に貢献できるというわけです。



Pryorさんが使ったのは、Amazonが提供しているDash Button型デバイス「IoT Button」です。このボタンは、テック系のコミュニティから要望が多かった「Dash Buttonを自分でカスタマイズしたい」という声に答えたもので、少しの知識があれば誰でも自分でDash Button方式のサービスを構築できるというものです。

Amazon.com: All-New AWS IoT Button (2nd Generation): Kindle Store



PryorさんはこのデバイスをAmazonでポチり、製品が届くまでの間に必要なコーディングに着手。ACLUに寄付するためのAPIは用意されていないので、Pryorさんはmechanizeのライブラリを使ってPythonでスクリプトを書き、AWS Lambdaを利用して機能をビルドしたとのこと。Lambdaはサーバーを立てるほどではない用途の際に最適なサービスで、使用料は実際にサーバーでコンピューティングが行われた実時間に対してのみ請求されるというもの。

Pryorさんは、IoT Buttonがポチッとされるとサーバーにトリガーが送信され、サーバー側でACLUの寄付用ページを開いて必要なフォームを記入して送信し、無事に受け付けられるとスマートフォンにメッセージが届くというスクリプトを書き上げました。そして実際にIoT Buttonが届き、1時間ほどの格闘の末に成功したのが、上記ムービーのような寄付だったというわけです。

もちろんこのボタンがなくても寄付を行うことは可能ですが、手元にPCやスマートフォンがない場合でも即座に「ポチッ」とできるACLU Dash Buttonは意味のある存在ということになりそう。Pryorさんは自分でもACLU Dash Buttonを作って使いたいという人のために、GitHubでソースコードを公開しています。

GitHub - nathanpryor/donation_button



なお、ACLUはトランプ大統領の移民政策に明確に反対の姿勢を示しています。ウェブサイトのトップページにはトランプ大統領の写真とともに「彼は差別した:私たちは訴えた」というメッセージとともに寄付を求める内容を掲載しています。

American Civil Liberties Union