「ワイルド・スピード MEGA MAX」場面写真 (C)2011 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

写真拡大

 大ヒット・カーアクション映画「ワイルド・スピード」シリーズが舞台化されることがわかった。

 英ガーディアン紙によれば、ステージには映画に登場した数々の高級車が使用されるほか、印象深いセットも再現されるようだ。プレスリリースには「観客は炎を吹くマフラーからの熱を感じ、想像を絶する技術によるショッキングなカーアクロバットの連続に驚嘆するだろう」と書かれている。

 ステージ版「ワイルド・スピード」は、BBCの人気自動車番組「トップ・ギア」の監督・脚本家ローランド・フレンチらが制作。2018年1月からスタートし世界各地を巡るとのことで、日程や都市はこれから発表される。なお、この世界ツアーに映画版のキャストは関与していない。

 映画「ワイルド・スピード」シリーズ第8弾「ワイルド・スピード ICE BREAK」は、「ストレイト・アウタ・コンプトン」のF・ゲイリー・グレイが監督。ビン・ディーゼル、ドウェイン・ジョンソン、ジェイソン・ステイサム、ミシェル・ロドリゲスらシリーズおなじみの面々が再結集するほか、シャーリーズ・セロン、ヘレン・ミレンが初参戦する。4月14日全米公開、4月28日日本公開。