<中国・杭州市の公立病院で、医療スタッフが手術に使用したチューブを使い回し、患者5人がHIV感染。あまりに杜撰な医療ミスに、ネット上には不安の声が>

今週、中国・杭州市の公立病院で、患者5人がHIV(エイズウイルス)に感染していたことがわかった。病院の職員が、本来なら廃棄するべき医療器具を使い回していたために感染が広がった。

英BBCの報道などによると、浙江省の省都・杭州市にある省管理の公立病院で、HIV陽性の患者に使用された医療用チューブを使い回していた。病院側は声明で、感染に関係した職員5人を懲戒免職などの処分にしたことを明らかにした。

「手術の際に使用されたチューブがそのまま放置され、他の手術に使われて感染が起こった。これまでに患者5人のHIV感染が確認されている」と病院側の声明で説明され、「重大な医療ミス」だったことを認めている。

【参考記事】PM2・5襲来に習近平がクールでいられるのは

声明では、これ以上に感染が広がっているかどうかはわかっておらず、どの患者が治療を受けているかも明らかにされていない。しかし感染した患者には賠償金が支払われるという。

中国では2001年に、河南省で輸血用血液の杜撰な取り扱いによって、3〜4万人の人たちがエイズウイルスに感染している。感染者からの献血が混入した血液が、多数の人に輸血されたことで感染が拡大していた。

「省が運営するレベルの病院でさえ基本的なルールが守られていない。一般市民は誰を信用すれば良いのか?」。中国のSNS「微博(ウェイボ)」では、不安を訴えるユーザーの声が投稿されている。

エレノア・ロス